【栄光の歴史】ル・マンからJGTCまでレースで活躍したホンダNSX5選

写真拡大 (全12枚)

GT選手権からル・マン出場車まで! 5台を紹介

2代目NSXデビューを記念して、これまでモータースポーツの世界で活躍してきた、主なNSXを振り返ってみよう。

1995年 NSXルマン(24時間耐久レース仕様車) ゼッケン47

レーシングNSXのなかでもかなり特殊な1台。というのも、エンジンを縦置きに変更し、ツインターボを装着。3リッターターボエンジンで、650馬力以上を発生し、この年のルマン24時間レースのGT1クラスに参戦。しかし、決勝ではスタートから36分でリタイアしてしまった……。ベースボディは剛性の高いタイプTのモノコックだったり、かなり攻めたマシン作りだっただけに残念。ドライバーは、ベルトラン・ガショー、アルミン・ハーネ、イバン・カペリ。

1995年NSX GT-2 ゼッケン84

同じく1995年のルマン24時間レースに、チーム国光から参戦した1台。高橋国光、土屋圭市、飯田章の日本人トリオが、GT2クラスで優勝(総合8位)。

こちらは、エンジンも横置きのままで、3リッターのNA。同クラスの3.6リッターターボのポルシェや、7リッターNAのキャラウェイ コルベットといったライバルを相手に、ウエットコンディションのなかで奮戦し、トラブルを乗り越え栄冠を勝ち取った。

この年、もう1台、中嶋レーシングからもNSX GT-2がエントリーしていたが、こちらは予備予選で事故があり、予選落ちしてしまった。GT-1とGT-2の違いは、GT-1クラスだと車重1000Kg、最高出力650馬力、燃料タンク容量120リッターで、GT-2クラスだと車重1050kg、最高出力450馬力、燃料タンク容量120リッターという規定になっている。

1996年 レイブリックNSX ゼッケン100

前年に引き続き、チーム国光からルマン24時間レース(GT-2クラス)にエントリーしたマシン。基本スペックは95年モデルと変わっていない。クラス2連覇が期待されたが、トラブルもあり予選総合47番手、決勝はクラス3位(周回数は、95年を上まわった)。

ドライバーは、高橋国光、土屋圭市、道上龍。NSXのルマンチャレンジは、これがラストイヤーだった。

3.5リッターエンジンでJGTCに参戦

1997年 エイベックス 無限NSX ゼッケン18

JGTCに本格参戦するために新たに開発された1台。エンジンは無限チューンの3.5リッターNA(3.2リッターベースでストロークアップ/450馬力以上)、シャーシ開発はレーシングコンストラクターの童夢が担当。空力とくにグランドエフェクトを徹底追及した。

いわゆる無限×童夢プロジェクトによる最初の1台で、それを本田技術研究所が支援する強力な体制で、JGTCに殴り込みをかけた。

しかし、ライバルのニッサン、トヨタ勢がパワフルなターボエンジン搭載で、ミッドシップ車には不利なレギュレーションということもあり、参戦初年度は未勝利に終わった。

2000年 カストロール 無限NSX ゼッケン16

この年は5台のNSXが参戦。GT用のNSXとしては、はじめてのフルモデルチェンジを施し、空力面を大幅にアップデート。ボディ剛性も向上させ、オイルパンとエキマニのレイアウトを変更し、エンジンの搭載位置を大きく下げた。こうした改良が功を奏し、NSX勢は7戦4勝と大躍進。

道上龍がドライバーズタイトルを獲得し、無限×童夢プロジェクトもチームタイトルの栄冠を手にし、ホンダとしては初めてのダブルタイトルに輝いた。

(文:藤田竜太)