テラハカップル、マーベル新ドラマに興味津々

写真拡大

人気番組「テラスハウス」(フジテレビ系)に出演し、現在も交際を続けているタレントの島袋聖南とウィンドサーファーの伊東大輝が、マーベル映画はすべて見ているという“マーベル好きカップル”として、テレビドラマ最新作「マーベル/ジェシカ・ジョーンズ シーズン1」の予告編映像を見てインタビューに応じた。

島袋と伊東は、海外テレビドラマもほとんど全て見ているというエンターテイメント通。今回解禁された予告編映像を見て開口一番「超面白そう!」と答えた伊東に、島袋も「心理戦というのが面白そう。マインドコントロールって、心理学みたいですごく興味が沸きます」と同調した。

作品の舞台は、同じ世界観を共有しながら数々のスーパーヒーローの活躍を描く“マーベル・シネマティック・ユニバース”で、「マーベル/デアデビル」の舞台と同じく「アベンジャーズの戦い」の後の欲望渦巻くニューヨークのスラム街“ヘルズ・キッチン”。

本作は、主人公の元スーパーヒーロー、ジェシカが忘れたい過去と対峙しながら、マインドコントロールを操る最強の敵を倒すために心理戦に挑む、サスペンス満載のアクションドラマだ。

主演のクリステン・リッターはモデル出身で容姿端麗。人気の海外テレビドラマ「ブレイキング・バッド」(2008〜2013年)でジェシーの恋人ジェーン役を演じてブレイクし、女優業だけでなく、ミュージシャン、ファッションデザイナー、TV、映画の制作などマルチな活躍をする才女として知られている。「端正な顔立ちの正統派美人ですね。それに戦う女性という役もかっこいいです」と異色の女性主人公に興味を示す島袋。伊東も「美しい、です」と、予告編映像を見ただけでその美貌の虜になった模様だ。

そんな見た目とは裏腹に、性格は超ドSのジェシカ。「付き合うとしたらドSはちょっと…」と尻込みする伊東に、島袋は「(伊東には)ドSぐらいが良いんじゃない(笑)。それに、もし私が役を演じるなら、性格的にジェシカの役はすんなり演じられそう。きっと、男前な性格なんですよね」と冗談を交えながら主人公への共感を示した。

そもそも海外テレビドラマの魅力を「映画は一回で終わっちゃうけど、ドラマは続くから、家に帰ってからの楽しみができて良い」と伊東は言う。島袋も「ドラマを見ながらカップルで同じ時間を共有すれば、会話が生まれるきっかけにもなるから、おすすめですよ。この作品も二人で見たいです」と、本作への期待感を強調した。

強くて美人で超ドSな女性主人公の活躍と、彼女の心の葛藤を描き、緊張感に溢れる刺激的なストーリー展開の「マーベル/ジェシカ・ジョーンズ」。「マーベル/デアデビル」や今後DVDリリース予定の「マーベル/ルーク・ケイジ」とストーリーやキャラクターがクロスオーバーし、ますます楽しみが広がっていく。テレビドラマの世界でもマーベル旋風が吹き荒れるのは時間の問題と言えそうだ。

「マーベル/ジェシカ・ジョーンズ シーズン1」のブルーレイ/DVDリリースと一挙デジタル配信は、2017年3月3日から。

なお、マーベルのMovieNEXを購入したユーザーがアクセスできるスペシャルサイト「MovieNEXワールド」では、12月15日より本作の第1話が無料公開されている(http://movienex.jp/marvel/)。