『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

写真拡大

年の暮れになると、「今年の○○トップ10」といった記事を見かけるようになるが、"ハリウッドで最も効率的に稼ぐ俳優トップ10"が発表されたので紹介したい。昨年に続き『アベンジャーズ』のあの人が、首位をキープしたという。米Varietyなどが報じている。

このトップ10は、経済誌Forbesが出演料と興行成績の対比で割り出した統計を元にしたもので、金額は出演料1ドル当たりの興行収入を表している。俳優名の後に続く作品名は、ランクインした俳優の代表作だ。

1位 クリス・エヴァンス(『アベンジャーズ』シリーズ)...135ドル80セント(約1万5700円)
2位 クリス・プラット(『ジュラシック・ワールド』)...125ドル40セント(約1万4480円)
3位 スカーレット・ヨハンソン(『アベンジャーズ』シリーズ)...88ドル60セント(約1万230円)
4位 ミラ・クニス(『ジュピター』)...49ドル50セント(約5700円)
5位 ヴィン・ディーゼル(『ワイルド・スピード』シリーズ)...32ドル(約3700円)
6位 ジェニファー・アニストン(『Cake ケーキ 〜悲しみが通り過ぎるまで』)...27ドル80セント(約3200円)
7位 ベン・アフレック(『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』)...20ドル10セント(約2300円)
8位 ロバート・ダウニー・Jr(『アベンジャーズ』シリーズ)...18ドル40セント(約2100円)
9位 ジェニファー・ローレンス(『X-MEN』シリーズ)...17ドル70セント(約2000円)
9位 マット・デイモン(『オデッセイ』)...17ドル70セント(約2000円)

ちなみに、"ハリウッドで最も非効率に稼ぐ俳優トップ10"という逆のランキングも先日ひと足先に発表されており、こちらではジョニー・デップが出演料1ドル(約115円)につき2ドル80セント(約323円)の興行収入と、前年に続いて最も出演料が支払われすぎた俳優に選ばれている。(海外ドラマNAVI)