写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Cloud Paymentは12月14日、Fintechを活用した送金代行サービス「Bankur(バンクル)」を運営するJP Linksと業務提携したと発表した。

Cloud Paymentが提供する「経理のミカタ」は、請求書の送り先、請求書の内容を入力するだけで、完全自動で請求書発行、送付まで行えるサービス。設定すれば、毎月や毎年など設定した期間ごとに請求書の発行、送付が可能となる。

Bankurは、企業の銀行振込を、振込先や振込形態に関わらず、月額料金など不要で、1件あたり一律260円(税別)で代行するサービス。導入に際しての初期費用は一切不要。導入作業も、Bankur内に専用口座を用意するだけで、既存の口座を変更するなどの必要はない。

今回の業務提携により、経理のミカタとBankurは、相互の顧客紹介による販路拡大をはじめ、将来的にシステム連動を視野に入れた新しいサービスの提供を目指す。

(山本明日美)