クリス&レオンが初タッグ! (C)CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS.
ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

 カプコンの人気ゲームをフルCGで映像化するシリーズの最新作「バイオハザード ヴェンデッタ」の公開日が、2017年5月27日に決定。あわせて、それぞれゲームや劇場版のメインキャラクターであり、今作で初めてともに戦うことになるクリス・レッドフィールドとレオン・S・ケネディの鋭い眼差しが印象的な新ビジュアルがお披露目された。

 映画は、シリーズ累計販売本数が6900万本を超えるサバイバルホラーゲーム原作とした、劇場アニメの第3弾。対バイオテロ組織「BSAA」のクリスは、国際指名手配犯であるグレン・アリアスを取り逃してしまうが、その一方で、「死者が甦り、凶暴化する」という不可解な事件に関係している新型ウィルスの治療薬を開発し、襲撃された大学教授のレベッカ・チェンバースの命を救う。その後2人は、アメリカ大統領直轄のエージェント組織「DSO」に所属するレオンと合流。クリスとレオンは、アリアスの真の目的がバイオテロであることを掴み、レベッカとともに、アリアスを追ってニューヨークへと向かう。

 エグゼクティブ・プロデューサーを劇場版「呪怨」シリーズを手がけたJホラーの名手・清水崇、監督を「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」で2ndユニット監督を担当した辻本貴則が務める。さらに、脚本を「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」の深見真、音楽を「機動警察パトレイバーREBOOT」「ガルム・ウォーズ」の川井憲次が担い、原作ゲームシリーズのプロデューサーである小林裕幸が原作監修として参加する。

 「バイオハザード ヴェンデッタ」は、2017年5月27日から公開。