写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トヨタ自動車(トヨタ)は12月14日、TNGAコンセプトを採用した新型車「C-HR」を発売した。

C-HRは、TNGA第1号車のプリウスとプラットフォームを共通にしながら、世界のさまざまな道での走行テストおよび欧州の一般道路でのステアリングやショックアブソーバーのチューニングなど、運動性能にこだわったC-HRならではの「味付け」を実施。「レスポンス」・「リニアリティ」・「コンシステンシー」を突き詰めることで、コンセプトである「我が意の走り」を追求した。また、燃費については、ハイブリッド車はクラストップレベルの30.2km/L、1.2Lターボ車(レギュラーガソリン仕様)は15.4km/Lを実現した。

外形デザインは、デザイナーの想いをそのままの形で実現することを目指して開発。「センシュアル スピード-クロス」をキーワードに、スピード感あるキャビン形状・彫刻的な面造形・「ダイヤモンド」をモチーフに強く絞り込んだボディと大きく張り出したホイールフレアの対比など、独創的なスタイルを追求している。インテリアは、質感・形状・色など細部にこだわり大人の感性に響く意匠を追求したほか、メーターを中心とした操作パネルをドライバーに向けて配置するなど、運転に集中できるドライバーズ空間を演出した。また、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備とした

価格は251万6400円〜290万5200円となっている。

(神山翔)