画像

写真拡大 (全2枚)

 SBI証券が、LINEの法人向けカスタマーサポートサービス「LINE Customer Connect」を導入。あわせて、LINE上でAIエンジンを活用した対話型FAQサービスの試験運用を開始した。

 SBI証券は、LINEが2017年春から本格公開する予定の法人向けカスタマーサポートサービス「LINE Customer Connect」の試験導入を開始した。同サービスの外部企業における試験導入は、すでにアスクルの「LOHACO」で行われており、今回第2弾の取り組みとなる。
利用イメージ

 今回の取り組みでは、SBI証券が「SBI証券 カスタマーサポート」LINE公式アカウントを新たに開設。「LINE Customer Connect」の連携パートナーであるBEDOREの汎用型対話エンジン「BEDORE」を活用し、LINE上でAIエンジンを活用した対話型FAQサービスによる顧客応対の試験運用を開始した。

 これにより、ユーザーからの問い合わせに対し言語解析、処理が行われ、高い精度で適切な回答が自動表示される。

 また「BEDORE」は、ユーザーからの質問内容を理解する自然言語処理機能に加え、ディープラーニング機能を搭載している。同機能でユーザーからの質問と回答内容を検証し、自動学習を繰り返し行うため、今後、回答内容のさらなる精度向上を図ることもできる。

MarkeZine編集部[著]