写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米Microsoftのブラウザ開発チームは12月14日(現地時間)、HTML5をデフォルトとしたWebブラウジング環境にブラウザ「Microsoft Edge」を移行させていく計画を明らかにした。Flashの自動再生を制限し、Flashの利用をこれまで以上にEdgeユーザーが制御できるようにして、Flashを用いているWebサイトのHTML5対応を促す。

Flashは深刻な脆弱性問題を度々起こしており、より安全で、モバイルデバイスに適した効率的な動作を実現するHTML5への移行をブラウザベンダーは進めている。9日にはGoogleが、来年2月にリリースする予定のChrome 56安定版でHTML5のデフォルト化を100%に引き上げる計画を発表したばかりだった。

Microsoftは今年の夏にWindows 10の「Anniversary Update」のタイミングで、Flashコンテンツの自動再生をメインコンテンツのみに制限していた。今回はHTML5のデフォルト化を実現する変更になる。HTML5コンテンツを用意しているWebサイトでは、HTML5を優先し、Flashコンテンツは再生しない。Flashに依存するWebサイトでは、訪問時にユーザーがFlashコンテンツの「再生許可(1度だけ/毎回)」「ブロック」を選択する。

Flash再生の選択画面が頻繁に表示され過ぎないように、最初の段階では信頼できるWebサイトは選択画面表示から除外する。そしてユーザーのFlashコンテンツ再生動向をモニタリングしながら、数カ月をかけて少しずつ除外するサイトを減らしていく。Flash Playerの削除がこのプロセスの目標ではなく、「最終段階に到達しても、ユーザーの(Flash再生)コントロ-ルは維持され、訪れたサイトでFlashを選択することは可能」とMicrosoft Edgeチームは述べている。

ユーザーがFlashの動作をコントロールする新たな仕組みは、Windows Insidersプログラムのプレビュービルドで間もなくプレビュー提供を開始。来年の早い時期に登場する予定のWindowsの大型アップデート「Windows 10 Creator’s Update」に向けて機能を仕上げていく計画だ。

(Yoichi Yamashita)