オオカミと人間の禁断の愛を描く (C)2014 Heimatfilm GmbH + Co KG

写真拡大

 第32回サンダンス映画祭ワールド・シネマドラマ部門で上映されたドイツ映画「ワイルド わたしの中の獣」の本編映像を、映画.comが入手した。

 女優としても活躍するニコレッテ・クレビッツ監督がメガホンをとった本作は、オオカミに恋愛感情を抱き、野性化していく女性の倒錯した愛を描いた異色作。偶然出会ったオオカミに心奪われて、自室で共同生活を送り始めた女性アニアが、オオカミと心を通わせるうちに人間として常軌を逸脱した行動をとり始める。

 オオカミに惹かれていくヒロイン・アニアという難役を演じたのは、「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」に出演するリリト・シュタンゲンベルク。「ファウスト」のゲオルク・フリードリヒ、「さよなら、アドルフ」のサスキア・ローゼンタールといったヨーロッパを代表する役者たちが脇を固める。また、第二の主人公でもあるオオカミを、本物のタイリクオオカミに演じさせている。

 公開された映像は、職場と自宅の往復で無機質な毎日を過ごすアニアが自宅のマンション前に広がる森で初めてオオカミと出会う重要なシーン。出勤の途中、人気のない道を歩いていたアニアが、森から不意に現れたオオカミと遭遇。気高く野生的な姿に息を呑むアニアが、オオカミが森に消えていくまでじっと見続けるという光景が映し出されている。

 「ワイルド わたしの中の獣」は12月24日から、東京・新宿シネマカリテほか全国順次公開。