BIGBANGのV.I「D-LITEはおじいさんみたいだ」

写真拡大

V.Iが所属グループBIGBANGの10年を振り返った。

V.Iは最近韓国で放送されたSBS「コンノリペ」にゲスト出演した。

開始から花道を歩くことになったV.Iは、ずっと花道にいたいと話し、「BIGBANGというチームでも生き残った。そこで生き残るのは難しい」と冗談を言った。

続いてV.Iはデビュー10年目にしてまだ末っ子で通じるとして「一番上の兄T.O.Pは、気が弱くて涙が多い方だ。G-DRAGONとSOLは大人で温かい。D-LITEはおじいさんみたいだ」とメンバー一人ひとりのスタイルを伝えた。