「ヒートテックウルトラウォーム(超極暖)」

写真拡大

ユニクロは2016年12月19日、極寒環境に適した機能性インナー「ヒートテックウルトラウォーム(超極暖)」を発売する。寒さの厳しい地域に暮らす人や、氷点下に近い場所で作業する人に向けて開発されており、ユニクロ史上最も暖かいヒートテックだという。

約1.5倍の暖かさ

初めて発売された2003年以来、ユニクロのヒートテックは日々の生活を快適にする「LifeWear」の象徴的な商品として進化し続けている。新商品の「ウルトラウォーム」はこれまでに発売された「ヒートテックエクストラウォーム(極暖)」や「ヒートテックインナー」と比べ、それぞれ約1.5倍、約2.25倍も暖かいという計測結果が出ている(衣類の熱抵抗を表すCLO値を元に算出した)。その理由は、「エクストラウォーム」や「インナー」とは異なる編み方にあるという。

ヒートテックは、独自の糸構造で発熱した空気を保温する仕組みとなっており、空気をためる量が多いほど、保温力も高くなる。繊維のふくらみ感が増し、裏地の起毛部分の毛足が長くなった「ウルトラウォーム」は、繊維の間にすき間(エアポケット)が増えて、多くの空気がたまるようになった。そのため、生地の内側に生まれる空気層の体積が増し、高い保温力が保証されるというわけだ。

試着したが、生地が肌にぴったりと吸い付き、体内温度が即座に上がっていくのを実感した。それでもストレッチ機能や吸湿機能が備わっているので、動きにくさや不快感などはみじんもなかった。

「ヒートテックウルトラウォーム」は、男性用の「ヒートテックウルトラウォームクルーネックT」「ヒートテックウルトラウォームタイツ」と女性用の「ヒートテックウルトラウォームクルーネックT」「ヒートテックウルトラウォームレギンス」の4種類。いずれも販売価格は1990円(税抜)。全国のユニクロ店舗とオンラインストアで販売される。