13日、中国ではモデルガン、ボウガン、軍刀などの武器から回春薬、盗聴器、偽造ナンバープレートまでウェブでお手軽に買えてしまうという。資料写真。

写真拡大

2016年12月13日、新聞117によると、中国ではモデルガン、ボウガン、軍刀などの武器から回春薬、盗聴器、偽造ナンバープレートまでウェブでお手軽に買えてしまうという。

中国のIT企業大手テンセントが展開するECサービス「微商店」は誰でも簡単にネットショップを開設でき、同じくテンセントが開発したスマホ向けメッセージアプリのウィーチャットのSNS機能で宣伝、集客ができるサービスだが、その中にとんでもない商品が紛れ込んでいることが明らかになった。

モデルガン、ボウガン、軍刀、手錠、スタンガン、バタフライナイフなどの武器から、男性機能を回復させる回春薬、相手の意識をもうろうとさせ自分の思い通りに行動させる迷薬、さらには盗聴器や偽造の車両ナンバープレートまで販売されている。

サイトでは実際に軍刀を使って十数本ものペットボトルを切り裂く動画などがアップされ、丁寧に宣伝している。記者は客を装って店員とチャットしたところ、「モデルガンよりもボウガンの方が威力が高い」などと解説した。ネットサービスが急成長している中国では、違法物品の購入もお手軽にできてしまうようだ。(翻訳・編集/増田聡太郎)