ジェニファー・アニストンがまさかの赤っ恥ハプニングに見舞われた/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ジェニファー・アニストンが、ニューヨークで行われた新作『Office Christmas Party(原題)』のレッドカーペットで、胸ポロならぬ値札露出のハプニングに見舞われた。

【写真を見る】値札つきの衣装で現れたジェニファー・アニストン/写真:SPLASH/アフロ

寒空のニューヨークで、ジェニファーは黒いブランドン・マックスウェルのワンショルダー・ジャンプスーツの上に、光沢のあるセリーヌの黒いコートを着用していたが、hollywoodlife.comが掲載している写真を見てみると、コートの値札がバッチリと写ってしまっている。

ジミー・キンメルがホストを務める米テレビ番組「ジミー・キンメル・ライブ!」に出演した際に、ジミーからそのことについて突っ込みを受けたジェニファーは、「なんとも悲しい話なんだけど、もう4回くらいあのコートを着ているのよ。コマーシャル撮影で使ってたものを頂いて、家でも着たんだけど、まさか値札がついているなんて思ってもみなかったわ。4回も着てからこんなことになるなんて!」と恥ずかしそうに答えた。

さらにジミーは値札の写真を拡大し、「サイズは6だね。値段はわからないね。値札つきなんて、本当は盗んだんじゃないの?」とジェニファーをいじり、会場の笑いを誘った。【NY在住/JUNKO】