駒沢大・中谷圭佑が「復活のジャンプ」

写真拡大

 箱根駅伝本番が迫ってきた。王者・青学大を追うライバル校に「続々とすごい選手が戻ってきた」と興奮気味に解説するのは、駅伝情報満載サイト「EKIDEN NEWS」の“博士”こと西本武司氏だ。

 * * *
 12月4日の「日本体育大学長距離競技会」(日体大健志台陸上競技場)で有力ランナー2人が“復活”した。
 
 1人目は駒澤大のエース中谷圭佑(4年)。中谷は1年で走った箱根4区でいきなり区間賞を獲って以来、駒澤大を引っ張ってきた選手だ。今季も5月の関東インカレ2部1万mで青学大エースの一色恭志(4年)を振り切り優勝(28分43秒)。ただ、その後は故障で出雲・全日本駅伝をともに欠場し、世田谷246ハーフ(11月13日)や上尾ハーフ(同20日)も出場しなかった。世田谷246の後に、「中谷は戻ってくる」と語った大八木弘明・監督の言葉を“他校に揺さぶりをかけているだけでは?”と勘ぐる人もいたが、ハッタリではなかった。

 日体大記録会での中谷のタイムは29分7秒。自己ベストの28分17秒と比べると遅く見えるが、故障明けは徐々にレースの強度を上げて仕上げていくものだ。

 現場で見れば復調が本物とわかる。坊主頭でスタートライン上に立った中谷は、猛るカモシカのような跳躍を見せた(写真参照)。足は隣の選手の鳩尾ほどの高さ。驚異的なバネだ。

 この姿を見て私は、全日本駅伝4年連続区間賞の駒澤大OB・油布郁人(現・富士通)を思い出した。超人的な跳躍で筋肉に刺激を与え、スタートに備える独特のルーティン──あの、「油布ジャンプ」である(ネットで〈油布 ジャンプ〉と検索すれば、合成写真のような跳躍画像が見つかるはずだ)。油布ばりの跳躍に私は、“中谷イズ・バック”と確信した。この日は終始、苦しそうな表情で走っていたが、中谷の場合、苦しい表情はデフォルトなので気にすることはないだろう。

 もう1人、復活したのは東海大の黄金ルーキー關颯人(せきはやと・1年)だ。出雲で大学駅伝初挑戦ながら青学大の下田裕太(3年)を抜き去っての3区区間賞。だがその後、合宿中に感染性胃腸炎でチームを離脱、長野の実家に帰っていた。この種のウイルスに感染すると体力も筋肉量も落ちるのが普通のところ、黄金ルーキーは驚異の早さで戻ってきた。

 日体大での記録は29分9秒。驚くべきは、精密機械のように1000mを2分55秒で刻み続けたラップである。ストライドを伸ばさず、ラストスパートもせずに「1km2分55秒ペース」を淡々と刻む。2分55秒の動きと感覚の確認がテーマであったのだろう。

 このペースで箱根2区(23.1km)を走れば、1時間7分22秒。東海大の“レジェンド”伊達秀晃が1年でマークした記録(2005年、1時間8分4秒)を上回る。俄然「關の2区」も楽しみになってきた。

 本番前の妄想は次々と膨らむ。11月26日の学連記録会で28分31秒を出した青学大の鈴木塁人(1年)はツイッター上で、早稲田大の“神ってる”鈴木洋平(4年)に、〈一緒の区間とかで走ってみたいですね〜〉と投稿。早稲田大の鈴木は〈28分台選手には勝てないからやだ笑〉と返信(12月1日)。今年の箱根には、他にも予選会で日本人1位の神奈川大の鈴木健吾(3年)、同じく神奈川大で1万m28分台の鈴木祐希(3年)もいる。“鈴木軍団の直接対決”も見どころだ。本番が待ちきれない。

※週刊ポスト2016年12月23日号