ギズモード・ジャパンより転載:Androidスマホでもピピッと支払い。

iOS端末では10月より決済サービス「Apple Pay」の国内提供が始まっていますが、Google(グーグル)だって黙ってはいません。同社は本日12月13日より、国内向けにデジタルウォレット「Android Pay」の提供を開始すると発表しました!


Android Payは、楽天Edyと提携することでカフェや自動販売機でコーヒーやジュースを買ったり、ポイントカードとして利用したりできます。これまでも、おサイフケータイに対応した端末ではこのような光景はおなじみでしたが、Androidの標準機能でピピッと支払えるのは好感触です。


161215gizmodo_mediagene2.jpg


また、楽天Edy対応店舗はビックカメラ、ファミリーマート、ローソン、マクドナルド、ヨドバシカメラなど、国内47万以上。店舗一覧は楽天Edyの公式ページで見られますし、楽天Edyのロゴはさまざまな店舗のレジでもおなじみですよね。


161215gizmodo_mediagene3.jpg


なお、利用にはNFCに対応したAndroidスマートフォン(Android 4.4 KitKat以上)にアプリをダウンロードする必要があります。すると、アプリから電子マネーを追加できるのです。入金はクレジットカードか楽天Edy対応店舗での直接入金の両方が可能。また、モバイル楽天Edyの利用者はアカウントの連携もできます。

また、楽天ポイントカードなどのポイントプログラムをアプリに追加することも可能です。さらに2017年にはフェリカとの連携で利用できる電子マネーの種類も増え、三菱東京UFJ銀行、Visa、Mastercardとの連携でアプリからのAndroid Payチェックアウトも可能になります。

現在は期間限定で、新規にAndroid Payに楽天Edyを追加すると400円のサインアップギフトがもらえるキャンペーンも登場。これまでAndroidスマートフォンでの無線支払いを使っていなかった人も、気軽にピピッと買い物を楽しんでみましょう!


source: Google

参考: 楽天Edy, Google Play
(塚本直樹)