多くの日本人はドナルド・トランプ次期大統領(以下トランプ)を快く思っていない。昨年6月に米大統領選挙へ出馬を表明して以来、繰り返される暴言や失言に嫌気がさしており、大統領として不適格との評価を与えてさえいる。

 その中で筆者が光明を見出すとしたら、トランプの交渉力だろう。

 トランプは「交渉の達人(The Art of Deal)」という自伝を出版しており、特に不動産分野での交渉力には自信を持つ。強引ではあるが、まとめ上げる術は強みでさえある。

 トランプ政権が誕生するにあたり、日本では今後の日米関係に関心が注がれるが、国際舞台で期待されるのは中東和平である。2015年夏、トランプは米テレビ局とのインタビューで大胆な発言をした。

6か月で中東和平を実現させる

 「中東和平を実現させるために、私に6カ月ください。いや半年もかからないかもしれません。パレスチナのアッバス議長とイスラエルのナタニヤフ首相と膝を突き合わせて交渉をします」

 映像を観ながら、「楽観的なことを述べる候補だなあ」との印象を持った。まだ共和党の一候補に過ぎなかった時期である。ましてや共和党の代表候補どころか、次期大統領になることさえ分からなかった。

 これまでのトランプの発言の経緯を考えると、「中東和平を実現させる」との言い分は希望的観測に過ぎない。選挙前の大見得とも言えた。しかしトランプとイスラエルの関係を探ると、根拠のない発言でないことが分かってきた。

 2004年、トランプは米国で最大級のユダヤ系米国人のイベント「イスラエル・パレード」の大会委員長を務めている。ニューヨーク市五番街を練り歩くパレードで、肩にたすきをかけて参加し、親イスラエル派であることを示した。

 実は2004年というのは、イスラエルがパレスチナのガザ地区に大規模侵攻をした年で、内外からイスラエルへの批判が高まり、大会委員長を務める人がいなかった。トランプは自ら手を挙げて委員長を務めたのだ。

 娘イヴァンカさんがユダヤ系米国人ジャレッド・クシュナー氏と結婚(2009年)し、キリスト教からユダヤ教に改宗したことはよく知られている。だが委員長を務めたのはそれ以前のことだ。

 今春、トランプは全米最大のイスラエル系ロビイング団体「米国イスラエル公共問題委員会(AIPAC)」の年次総会で演説をしている。その時も、2004年のパレードで大会委員長を務めたことを強調した。

 「イスラエルという国家を支援するのは今に始まったことではない。人生でずっとイスラエルを支えてきた」とも述べた。

 さらに「もし大統領になったら、地域を不安定化させているイランを抑え込む戦略を採用する」と語り、中東和平を主導する用意があると説いた。

 そして今年9月、トランプはトランプタワーでイスラエルのネタニヤフ首相と1時間ほど非公式会談を行った。日本では大きく報道されていないが、同首相はヒラリー・クリントン前候補とも会談している。

トランプが見出した新たな光明

 ちょうど安倍晋三首相が国連総会に出席するためにニューヨーク入りし、ヒラリー氏だけに会ったのと対照的である。ネタニヤフ首相は、トランプがパレスチナとの和平交渉に積極的である点を確認した。

 オバマ政権ではジョン・ケリー国務長官が和平交渉に乗り出していた。だが過去2年、進捗がない。それはネタニヤフ首相がオバマ政権を全面的に信頼していないことの表れでもあり、現政権下での和平は事実上ないことがはっきりしている。

 しかし同首相はトランプに新たな光を見出した。

 12月11日に米国で放映されたCBSテレビとのインタビューで、過去の米大統領には抱かなかった親密さをトランプに感じていると述べた。しかもトランプはパレスチナ、イスラエル両国の紛争を終結させる準備があるはずだとまで、同首相に言わせたのだ。

 それはまさしくトランプが掲げてきた「究極の交渉」と言える。「究極の交渉」という言葉は当選後、最初のメディア取材だったウォール・ストリート・ジャーナル紙が使ったフレーズだ。

 戦後、イスラエルが建国されて以来、パレスチナとの抗争は継続されたままで、過去の和平交渉はことごとく失敗してきた。だがトランプの交渉への気構えは「乗り越えられない障害はない」というものだ。

 もちろん、これまでの歴史を振り返ると一筋縄ではいなかい。パレスチナ側よりも、イスラエル側に妥協すべき点が多いように見える。

 それでもトランプのそばには今クシュナー氏がいる。中東和平の演説原稿を書き、政策の助言もしているため特使に任命される可能性もある。

 クシュナー家はイスラエルにべったりというわけではない。同家が設立したクシュナー財団ではパレスチナに献金もしている。

 それでも、両者が交渉のテーブルにつき、和平に向けて話し合いに入るかどうかは微妙である。というのも、パレスチナ側からトランプ大統領を歓迎する動きがほとんどみられないからだ。

 長年、米国務省で交渉官を務めたアーロン・デイビッド・ミラー氏は述べる。

イランへの対応次第では交渉困難に

 「実はネタニヤフ首相もパレスチナのアッバス議長も、今すぐ本格的な和平を実現しようとは思っていない。たとえ交渉の達人と言われるトランプが仲裁に入ったとしてもだ」

 少なくとも、トランプとネタニヤフ首相は個人的に気安く話し合える関係にある。けれども「究極の交渉」を実現させるためには、アッバス議長とも信頼関係を築く必要がある。だが残念にも、トランプのここまでのつき合いの深度はイスラエル側の方が深い。

 トランプ・ネタニヤフの蜜月関係が深まれ深まるほどパレスチナ側はソッポを向くという結果になりかねない。ましてやトランプは、昨年7月に締結されたイラン核合意を破棄すると息巻いている。

 破棄になればイラン政府は激怒し、イスラエル政府は歓喜するだろう。イランから経済支援を受けているパレスチナは、イスラエルとの和平交渉どころの話ではなくなるかもしれない。

 いずれにしても、トランプが究極の交渉者として外交の表舞台に登場しても、すべてが首尾よく解決できるとは限らない。特に米国は第三国としての立場であるだけに、今のままでは3者が交渉のテーブルにさえつかないこともある。

 世間の予想を覆して大統領になったトランプが、大方の予想に反して「中東和平を実現しました」と宣言する日が来ることを望むだけである。実現した時には、今世紀最大の交渉者という名前さえ得られるかもしれない。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:堀田 佳男