いよいよプーチン大統領が来日する。懸案の日露平和条約・領土交渉のみならず、12月16日、東京では日露両国の経済人による「日露ビジネス対話」会合が開催される。

 日本のメディアでは会合で発表されるであろう経済協力案件が毎日のように報道されており、日露経済関係者の間では大きな期待が盛り上がっている。

 さらにタイミング良く日露両国の株式市場(日経平均株価、MICEX)も好調である。

リーマンショック前のピークを更新中

 もちろんこれは日露関係の改善を反映したものではないが、日経平均株価は年初来高値を更新、ロシアのルーブル建てMICEX指数は2008年のリーマンショック前のピークを更新して既往最高値圏にある。両国の関係者は益々意気軒高であろう。

ロシアMICEX指数の推移(出所はグラフ中参照)


 こうしたなか、筆者が注目しているのは毎月初に発表されるロシアのPMI指数である。

 PMI(Purchsing Managers Index:購買担当者指数 )とは、景気の先行指標の1つで製造業とサービス業の購買担当者に対して生産量、新規受注量、出荷価格、仕入価格、残業時間、雇用環境などの項目をアンケートし指標化したものである。

 50を上回れば先行き改善、50を下回れば先行き悪化となる。ロシアに関しては英国の金融情報会社IHS Markit社が公表しているものが信頼性・速報性で優れており、金融市場では一般的である。

 ロシアのPMI指数の動きを見ると、製造業PMIは今年の8月から、サービス業PMIは同じく2月から50ポイントを上回って推移している。そこで、これらのPMIと実体経済の推移を並べてみたのが次のグラフである。

(*配信先のサイトでこの記事をお読みの方はこちらで本記事のグラフをご覧いただけます。http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48662)

 月次の工業生産(前年比)と製造業PMI、実質小売売上(前年比)とサービス業PMIを比較している。

 筆者はこれらの指数間の相関関係を厳密に検証したことはないのだが、過去の推移をグラフで見る限り大まかな方向性に相違はなさそうである。

 このように製造業・サービス業PMIが50ポイントを上回って推移していることに鑑みると、足許のマクロ経済についても改善の方向に向かっている可能性が高い。

 加えて米国のドナルド・トランプ政権誕生による対露経済制裁の緩和期待、OPEC(石油輸出国機構)加盟国・非加盟国の減産合意による原油価格下げ止まり期待などもあって、2017年のロシア経済についてはロシア政府当局のみならず、多くの国際機関、金融機関がプラス成長を予想している。

ロシアからイタリアへ輸出始まる

 こうしたマクロの動きの傍証となる、最近の「明るい」経済ニュースを紹介したい。

 ディールの経済効果は大きなものではないが、今後のロシア経済の方向性を考える意味で興味深いものである。

 「アシャン・ロシア、イタリアに初出荷」。これは12月の初めの業界紙に掲載された小さな記事である。

 内容はロシアに2002年に進出したフランスのスーパーマーケットチェーン、アシャン(Auchan:オーシャン)がロシアで製造した自社ブランドのチョコレートをイタリアのオーシャングループ向けに輸出したという内容だ。

 オーシャンはフランス国内ではカルフールに次ぐ2番手のスーパーマーケットチェーンだが、カルフールがロシア進出に失敗したのに対し、同社は積極的な店舗展開が奏功し、現在ではロシア国内に272店舗、従業員4万3000人を抱える小売業界の大手企業である。

 2016年のロシア国内投資額は230億ルーブル、2017年も300億ルーブル(約500億円)、14年間の投資累計は2000億ルーブルに達する。ちなみにロシアでアシャンと並んで活躍する外資系スーパーはドイツのメトロである。

 オーシャンは外資系ながらロシアの中でも最も価格が安いスーパー(厳密にはハイパーマーケットと呼ばれる大規模な店舗である)として、ロシア市民の間でも定評がある。

 同社は少しでも安い商品を提供するために、自社ブランドの商品開発にも熱心である。今回はロシア国内のチョコレート、菓子製造会社5社に自社ブランドの製造を委託、そのうち9トンをイタリア国内のオーシャン向けに輸出したものである。

 このニュースのポイントはロシアの国内工場でも欧州向けの品質の製品が作れるようになったことである。

ロシア製品の品質が向上

 これまでロシアでの国内生産というと、品質を無視した輸入代替という色彩が強く、ロシア国内の消費者も仕方なくそれを買っていたのが実情だった。

 それが今やチョコレートのような一般的な商品においてもヨーロッパの市場で通用する商品が製造可能となったのである。品質だけではない。ルーブル安のおかげで、オーシャンのような価格重視の取引先に対しても納得の価格を提示し取引を成立させた意義は大きい。

 もちろん今回の取引はオーシャンのブランド、グループ内の流通システムをうまく活用したことが取引成立の大きな要因であるが、ロシア国内の菓子製造業者(ほとんどが中小企業である)にヨーロッパへの輸出という大きなビジネスチャンスを与えた意義は大きい。

 それにしても欧米の経済制裁がロシアに輸出産業育成の機会を与えてしまったのは何とも皮肉である。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:大坪 祐介