仕事を機械に奪われる時代は「愛とアナログ力」で生き抜け

写真拡大

AI時代に生き残る人材とは

 今後10年〜20年で47%の仕事が機械にとって代わられる高いリスクがある。そんな衝撃的な話を聞いたことがある人は少なくないのではないでしょうか。

 データを記憶し解析し、最適な答えを導き出すことができる。空も飛べるし、人には持てないような重いものも持ち上げられる。反対に肉眼では見えないような小さなものを作り上げることもできる。

 さらには人工知能の開発が進み、今後機械は自分で考えて行動するようになるそうです。

 ますます優秀になる機械やロボット。そんな時代に私たちは何ができるのでしょうか?

 女性活躍推進と言われる中、機械やロボットにとってかわられるとされる仕事のランキングには販売員、事務員、秘書など現在女性が多く従事している職業も含まれています。

 ただ物を売るだけ、データを入力するだけ、スケジュールを管理するだけの人材は今後間違いなく淘汰されます。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)