1

by Amanda Graham

インターネット・アーカイブがインターネット検閲の強化に備えてカナダに新サーバー構築を計画するなど、次期トランプ政権に備えてさまざまな取り組みが行われています。環境問題もその1つで、「温暖化はない」という姿勢を見せるトランプ氏がこれまでの気象データを削除しかねない、ということから、図書館や大学、個人プログラマーまでが、過去の気象データの保存に取り組んでいます。

Energy Dept. rejects Trump’s request to name climate-change workers, who remain worried - The Washington Post

https://www.washingtonpost.com/news/powerpost/wp/2016/12/13/energy-dept-rejects-trumps-request-to-name-climate-change-workers-who-remain-worried/



トランプ氏は選挙期間中に「温暖化は中国のでっちあげ」と何度も発言しており、人為的な理由によって地球温暖化が起こっているという見方に懐疑的な姿勢を見せていました。大統領に当選してからはFox News Sundayという番組で温暖化に対して「偏見はない」と語っていましたが、一方で、現オバマ政権から次期トランプ政権に業務引き継ぎを行う政権移行チームは、エネルギー省に対して気候変動問題の担当者と研究員の名簿を提出するよう要請していました。ニュースサイトのVoxはこの要請を「現代の魔女狩り」と表現しています。

政府職員の労働組合であるNational Treasury Employees Union(NTEU)のジェフ・イーガン氏はエネルギー省の職員から名簿要請にうろたえる電話やメールをいくつも受け取っており、「名簿の要請はエネルギー省で働く従業員の多くを不安にさせた」としています。なお、エネルギー省は名簿の提出を拒否しており、これによってエネルギー省における新体制への移行が困難になるものと見られています。

インターネット・アーカイブはトランプ次期大統領によるインターネット検閲の強化に備えてカナダに新サーバーの構築を計画していますが、トランプ政権に向けて準備を進めている組織はインターネット・アーカイブに留まりません。

govドメインやそのほかのドメインで2016年現在発信している連邦政府のコンテンツはトランプ政権で削除される恐れがあるため、米国議会図書館・カリフォルニアデジタルライブラリー・ノーステキサス大学図書館・Internet Archive・ジョージ・ワシントン大学図書館・スタンフォード大学図書館・米国政府印刷局は、オバマ政権末期にあたる米国連邦政府のウェブサイトを保存することを目的とした「End of Term 2016 archive」というウェブアーカイブプロジェクトに取り組んでいます。アメリカ合衆国環境保護庁のウェブサイトで公開されている温暖化といった環境問題についてのデータも上記のコンテンツに含まれており、トランプ政権下で削除される可能性が非常に高いと見られています。

そこで、トロント大学のテクノサイエンス研究部は、End of Term 2016 archiveとコラボレーションする形で12月17日に「トランプ政権から環境データを守る」ということを目的としたハッカソンを実施予定。

Guerrilla Archiving Event: Saving Environmental Data from Trump | Faculty of Information (iSchool) | University of Toronto

https://ischool.utoronto.ca/content/guerrilla-archiving-event-saving-environmental-data-trump



Guerrilla Archiving Event: Saving Environmental Data from Trump | TECHNOSCIENCE RESEARCH UNIT

https://technoscienceunit.wordpress.com/2016/12/04/guerrilla-archiving-event-saving-environmental-data-from-trump/



また、プログラマーであり環境問題研究家のニック・サントス氏は気象に関するデータセットを保存するミラーサイト「Climate Mirror」を作成。現在はアメリカ海洋大気庁の過去データが保存されており、FTP経由でアクセス可能。今後、さらにデータセットを増やしていく予定とのことです。

Climate Mirror

http://climatemirror.org/



なお、日本時間の2016年12月13日、トランプ氏はエネルギー長官にリック・ペリー氏を指名。ペリー氏はトランプ氏と同じく人為的な気候変動に懐疑的で、過去には石油業界の規制緩和を主張しています。ペリー氏の起用によって、トランプ次期政権が代替燃料ではなく、化石燃料寄りになるものと見られています、

Rick Perry, Ex-Governor of Texas, Is Trump’s Pick as Energy Secretary - The New York Times

http://www.nytimes.com/2016/12/13/us/politics/rick-perry-energy-secretary-trump.html