スタローン家の娘たちがゴールデングローブ賞ノミネート発表式に登場/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

来年のミス・ゴールデングローブに選ばれたシルヴェスター・スタローンの三人娘たちが、同賞ノミネート結果発表式に出席。初めてミス・ゴールデングローブとして取材陣のカメラの前に立った。

【写真を見る】大人の色気を出していた長女ソフィア/写真:SPLASH/アフロ

美人姉妹として有名なソフィア(20)、システィーン(18)、スカーレット(14)の3人は、全員が白と黒とベージュでカラーコーディネートした服を着て登場。長女ソフィアはオフショルダーのカットソーにワイドパンツを合わせて全身黒で統一した大人っぽい着こなし。

次女システィーンは白いショート丈のニットにベージュのジャケット、黒いスキニーパンツでカジュアルにキメており、三女スカーレットは若々しい黒のミニスカートに白いカットソー、ベージュのライダースジャケットを着て長い脚を見せつけた。

「みんな美人だ!」「末っ子、いい脚をしている」「キレイな娘たちをもってシルヴェスターは誇らしいだろう」「シルヴェスターが70歳というのが信じられない。50歳ぐらいに見える」などのコメントが英紙デイリー・メールのサイトには寄せられている。

ミス・ゴールデングローブは、授賞式でトロフィーをプレゼンターに渡したり、進行を助けるアシスタントの役をこなす。例年大物セレブの子どもが務めることになっているが、3人でこの役割を果たすのは前代未聞のことだという。

「スタローン家の三姉妹は、みんな素敵な若い女性で、それぞれが勉強やスポーツ、モデルとしてのキャリアで成功をおさめています。シルヴェスターと妻ジェニファー・フラビンという最高のロールモデルに育てられたお嬢さんたちにどんな将来が待っているのかとても楽しみです」とハリウッド外国人映画記者協会のロレンツォ ・ソリア代表は語っていると英紙デイリー・メールが伝えている。【UK在住/MIKAKO】