アウグスブルク、シュスター監督を解任! 不遇かこった宇佐美への影響は

写真拡大

▽アウグスブルクは14日、ディルク・シュスター監督(48)との契約を解消したことを発表した。

▽昨シーズン終了後にマルクス・ヴァインツィアル前監督がシャルケに旅立ったアウグスブルクは、昨シーズン終了までダルムシュタットを率いていたシュスター監督を後任として招へいした。

▽今シーズンここまでは、3勝6敗5分けの13位と解任に踏み切るほどの成績ではなかったが、クラブはシュスター監督を含むコーチングスタッフとの意見の相違を理由に、同監督との契約解消を選択した。

▽なお、後任監督が決定するまでは、ユースチームを率いるマヌエル・バウム氏(37)が暫定指揮官を務める。

▽ケガなどの影響もあってシュスター政権下で思うように出場機会を得られず、不遇をかこった日本代表FW宇佐美貴史にとって、今回の監督交代は吉と出るか、はたまた凶と出るか。