アフガニスタンの貧しいサッカー少年がビニール袋のシャツで練習→あこがれのメッシ選手が会いに来た!

写真拡大 (全3枚)

ゴミになるようなビニール袋で作ったシャツを着た、アフガニスタンのサッカー少年が、以前からネットで話題になっていた。その彼のもとに、あこがれのスター選手、リオネル・メッシが訪れた。

メッシのユニフォームを真似て

IRORIOでも記事として取り上げたアフガニスタンのMurtaza Ahmadi君(5才)。内戦が続くアフガニスタンで苦しい生活を送る中、あこがれのメッシ選手が着ているユニフォームを真似たシャツをビニール袋で作り、それを着てサッカーの練習をしていた。

その写真がSNSに投稿され、拡散し、英国BBC放送を始めとしたメジャーなメディアが取り上げるほどの話題になったのだ。

本物のメッシ選手が会いに来た

そんなAhamadi君に、信じられない出来事が起こった。メッシ選手が所属するFCバルセロナは、カタール国のチームと親善試合を行なうことになっており、メッシ選手はその試合にAhamadi君を招待したのだ。

Ahamadi君の家族は戦火を逃れてパキスタンに移住しており、スタジアムのあるカタールの首都ドーハには行けない距離ではない。

そして今月13日、Ahamadi君はあこがれのメッシ選手に会った。その時の様子を、カタールの「2022 FIFA ワールドカップ 委員会」がTwitterで公開している。また、試合前のパレードにも、Ahamadi君はメッシ選手と手を繋いで参加したとのこと。

Twitter/Road to 2022