こいつら可愛すぎ…シドニーの動物園で生まれたミーアキャット6兄弟に萌える

写真拡大

オーストラリア・シドニーにあるタロンガ動物園に、ミーアキャットの赤ちゃんが誕生しました。

小さな6匹の兄弟

先月11月7日、マプト(父親)とナイロビ(母親)の間に生まれた子どもの数は、なんと6匹!

ミーアキャットの母親がいちどに出産するのは3〜4匹程度ですが、今回は動物園史上初の記録となりました。

Taronga Zoo

Taronga Zoo

飼育員のCourtney Mahonyさんいわく、このような現象はとても珍しいそう。

Taronga Zoo

Taronga Zoo

この子たちはいちどにたくさんの兄弟が生まれたこともあり、1匹1匹のサイズは今のところ通常よりも小さめ。

しかしそれもまた可愛らしいと、動物園の新たなアイドルとなっています。

Taronga Zoo

Taronga Zoo

好奇心旺盛な子どもたち

まだ名前のない赤ちゃんたちはおそらく3匹が雄、残りの3匹が雌の可能性が高いそう。

そのなかで性別が判明している最も体の大きな長男は、真っ先に巣箱から飛び出し元気に走り回る姿を見せてくれています。

またそれに続くよう、ほかの子どもたちも徐々に外の世界に興味を持ち始めている様子。

Taronga Zoo

Taronga Zoo

動物園は赤ちゃんラッシュ!

本格的な夏を迎えるこの時期、タロンガ動物園ではミーアキャットのほかにもたくさんの子どもたちが誕生しており、可愛い赤ちゃん目当てにたくさんの来園者が訪れます。

日本ではなかなかお目にかかれない「ススイロメンフクロウ」や「フクロモモンガ」など、珍しい動物の赤ちゃんの姿も見られるので、冬休みにオーストラリアに行かれる際はぜひ立ち寄ってみて!