13日、「ポスト朴槿恵」として、大統領選挙の行方に注目が集まる中、潘基文氏をはじめとする3人のほかにもう1人、「韓国版トランプ」が浮上している。写真は朴槿恵大統領退陣要求デモ。

写真拡大

2016年12月13日、新華社によると、韓国で朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾訴追案が可決され、「ポスト朴槿恵」として、大統領選挙の行方に注目が集まっている。各世論調査では、間もなく国連事務総長の任期が終了する潘基文(パン・ギムン)氏をはじめとする3人が立候補するのではないかと見られているが、そうした中、もう1人“ダークホース”が浮上した。

呼び名が高い3人は、国連の潘基文事務総長、最大野党・共に民主党の文在寅(ムン・ジェイン)前代表、国民の党の安哲秀(アン・チョルス)元共同代表だが、突如ダークホースとして名が上がっているのは城南市長の李在明(イ・ジェミョン)氏だ。

当初は潘基文氏を推す声が他を圧倒していたが、最新の世論調査では、李在明氏を推す声が急増している。李在明氏は一連の「崔順実ゲート事件」で強烈な「アンチ朴」の主張で存在感を高めた人物。朴大統領の弾劾訴追案には率先して支持を表明し、積極的にインタビューを受け、ネット上でも精力的に言論活動しており、若い世代からの支持を急速に集めている。

朴大統領を厳しく批判する発言や反日感情をあおるような過激な発言から、日本メディアは李在明氏を「韓国版トランプ」と報じている。李在明氏は「私が選挙の中心になるのも近い」と語り、大統領選出馬への意欲を明確にしている。(翻訳・編集/岡田)