シンポジウムに出席する国家安全会議の曽厚仁副秘書長(中央)

写真拡大 (全2枚)

(台北 14日 中央社)国家安全会議の曽厚仁副秘書長は14日、台北市内で開かれたシンポジウムで、中国大陸の軍用機が台湾沖を飛行したことについて、台湾は即時に状況を把握し、米国の対台湾窓口機関、米国在台協会(AIT)に情報を提供したと明かした。

曽副秘書長は、台米間の軍事交流に関して、長期間にわたって密接な関係が築かれていると強調。これまで対外的に説明することは少なかったとしながらも、AITは台湾の軍事力を十分に理解していると述べた。

情報提供の理由については、「中国共産党軍のこのような行動は、台湾や日本、米国にとって脅威である」と断言。その上で、台湾はこの脅威に対応する能力と自信があると語気を強めた。

シンポジウムは外交部や両岸交流遠景基金会などが共催。台日米とアジア太平洋地区のパートナーシップと安全問題をテーマとし、専門家らが活発な討論を行った。同部では、台湾の政策について理解を増進し、台日米関係を強化したいとコメントしている。

(唐佩君/編集:齊藤啓介)