ちゃんことバーガーが奇跡のコラボ!ゴマ油が豊かに香る、具だくさんなあんがポイント

写真拡大

12月17日(土)・18日(日)の2日間、「2016 CHANKO-1グランプリ」が池袋西口公園にて開催される。

【写真を見る】コーヒーとちゃんこの相性を楽しもう!「ちゃんこバーガー〜PCAP〜」(ホットコーヒー付き500円)

東京と岩手のちゃんこ料理店が多数出店し、その中からグランプリである“横綱”のちゃんこ鍋を決定する同イベント。正統派の「本格 鶏塩ちゃんこ鍋」(500円)から、イタリアン風の「トマトチーズちゃんこ」(500円)まで、バラエティに富んだちゃんこ料理が集結する中、一際異彩を放つのが「ちゃんこバーガー〜PCAP〜」(ホットコーヒー付き500円)だ。

東京・門前仲町のちゃんこ料理店「ふみとか〜風水土火」が開発を手がけ、イベント当日は「ネスカフェキッチンカー」にて、各日12時から30食限定で販売される。

ちゃんことバーガーという、斬新なコンビネーションを楽しめる同商品。ほんのり焼き目をつけたバンズで、つくねと塩ちゃんこのあんかけソースをサンドした一品だ。あんかけソースは白菜や大根、ニンジン、エノキ、シメジ、鶏肉などがたっぷり入り、具だくさん!ゴマ油を効かせて味を整え、バンズに合うよう硬めに仕上げている。

さらに注目すべきは、コーヒーとセットで提供されること。ネスレ日本の高岡二郎さんは、「日頃からちゃんこを食べる機会が多くあり、常々コーヒーとちゃんこは相性がいいと感じていました」と話す。手軽にちゃんことコーヒーの組み合わせを楽しんでほしいと考え、誕生したのが「ちゃんこバーガー〜PCAP〜」だという。

なお、「ちゃんこバーガー〜PCAP〜」はイベント終了後も「ふみとか〜風水土火」で味わうことができる。サラダとホットコーヒー(ネスカフェ ゴールドブレンド)が付き、価格は600円。12月19日(月)からランチタイム限定で提供される(終了時期未定)。

ちなみに商品名の「PCAP」とは、“パンちゃんこあんパン”の略なのだとか。遊び心満載のネーミングとは裏腹に、一度食べればそのおいしさに衝撃を受けるはず。ちゃんこの新たな魅力が詰まった「ちゃんこバーガー〜PCAP〜」。コーヒーと一緒にぜひご堪能あれ!【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】