スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

写真拡大

12月16日(金)より全世界同時公開となる『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。新作が公開される度に大きな話題となる今シリーズの魅力を3回に渡る連載で徹底解説していこう。

今回は"新3部作"と呼ばれる『エピソード1』から『エピソード3』をおさらいし、今シリーズが愛される理由のひとつ、"愛"の物語をお伝えしていく。新3部作では、ダース・ベイダーの誕生と、マスクの裏に隠された深い愛を描いており、主人公となるのは強大なフォース(力)を持って生まれたアナキン・スカイウォーカーだ。彼は銀河共和国の平和を守る"ジェダイの騎士"となるため、オビ=ワン・ケノービの元で修行に励む。抜きん出た才能を持っていたアナキンは、深い愛情も持ち合わせ、それ故に怒りや執着心に駆られやすい性格だった。

ジェダイでは過ちや憎しみを生むとして恋愛を禁止していたが、成長したアナキンは惑星ナブーの女王であるパドメ・アミダラと恋に落ち、極秘で結婚。彼女は妊娠するものの、アナキンは出産で彼女が命を落とす悪夢にうなされるようになる。母親と死別した過去を持つアナキンは、彼女を守るための力を欲するあまり、正義と対極にある力、フォースの暗黒面(ダークサイド)に惹かれるように。そして師匠オビ=ワンとの死闘を経て、彼は"悪の帝王"ダース・ベイダーとして覚醒するのだった...。

このように、アナキンが、家族への愛情故に悪に堕ちる姿が描かれる新3部作。単なるSFではなく、誰もが共感できる"家族"と"愛"の物語が世界中の多くの人々の心を掴み、老若男女を問わず多くの人々を熱狂させたのだろう。

そして、『ローグ・ワン』でも、父娘の愛が作品のストーリーにおいて非常に重要な意味を持っていることが明かされている。果たして、困難なミッションに挑む「ローグ・ワン」の運命は? そして、ジンと父親をつなぐ家族の愛は、どんな運命を辿ることになるのか?

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は12月16日(金)より全国ロードショー。