チャン・グンソク&Girl′s Day ミナ&イ・フィジェ「2016 SBS演技大賞」MCに確定!

写真拡大

俳優チャン・グンソクとGirl's Dayのミナが「2016 SBS演技大賞」のMCに確定した。2人は昨年のSBS演技大賞に続き、もう一度司会を務めるイ・フィジェと共に2016年最終日のフィナーレを飾る。

チャン・グンソクは中国と日本などで高い人気を得ている上、最近マカオ国際映画祭の広報大使としても招待された、名実ともにアジアのプリンスとされている。2016年時代劇「テバク」でペク・デギル役を務めた彼は、美少年のイメージを脱ぎ捨て、強烈なカリスマ性をアピールして演技変身にも成功し、好評を得た。

そしてミナは今年の夏、視聴者から好評を受けた「美女コン・シム」で愛せずにはいられないコン・シムのキャラクターを完璧に演じこなした。特に、初めて主演を任された彼女は、自然な就活生の演技で視聴者から激賞を受けた。

今回の演技大賞で2人の司会が期待される理由は、演技はもちろんMC経歴まで豪華であるためだ。チャン・グンソクは以前から様々な番組でMCとして活躍してきたのはもちろん、今年の頭、話題を集めたサバイバル番組「プロデュース101」でセンス溢れる司会で視線を引きつけた。

ミナの場合、SBS「人気歌謡」のMCなどでハツラツとした魅力をアピールし、注目を集めた。2人は巧みな司会者イ・フィジェと息を合わせて、新しく新鮮な演技大賞を期待させている。

2016年SBSドラマは、独特な題材と新しい試みで視聴率と話題性両方で好評を受け、“ドラマ王国”というタイトルを得た。現在も月火ドラマ「浪漫ドクターキム・サブ」と水木ドラマ「青い海の伝説」、そして週末ドラマ「パーフェクトカップル〜恋は試行錯誤〜」はいずれも10時時間帯で1位となっている。

SBS演技大賞の関係者は「今年SBS演技大賞は、チャン・グンソクとミナ、そしてイ・フィジェの3人のMCの司会と共に、見どころ満載でありながら愉快な授賞式になるものとみられるので、期待してもらいたい」という言葉で期待を高めた。

「2016 SBS演技大賞」は今月31日、上岩洞(サンアムドン) SBSプリズムタワーで開催される。