ユンソナ、日本での活動エピソードを明かす「木村拓哉さんと共演…名前をあげてくれた」

写真拡大

女優ユンソナが木村拓哉とのエピソードを公開した。

韓国で13日に放送されたtvN「現場トークショーTAXI」では、ユンソナが出演し、日本での全盛期について言及した。

ユンソナは「当時は、有名なCMに何本も出ていた。衣類、ラーメン、化粧品のCMを撮った。私のスロットマシーンもあった」と明かした。

また「相手役ではなかったが、木村拓哉さんと共演したこともある。深田恭子さんとも共演した」とし、「日本の番組でインタビューをしたことがあるが、『誰が好きなのか』という質問を受けた。当時、私は木村拓哉さんのドラマを全部見ていたので『会いたい』と答えた」と話した。

ユンソナは「ドラマで木村拓哉さんの隣人の女性役があった。その役を誰が務めたらいいかという話が出た時に、木村さんが私のことを言ったという。そこでキャスティングされた」と明かした。