Dlifeの新番組「セカイマ!」の取材会に出席した小籔千豊

写真拡大

'17年1月15日(日)からDlifeで始まる情報番組「セカイマ!」の取材会が行われ、出演する小籔千豊が出席した。

【写真を見る】パジャマ姿で収録そのものを楽しんだ

ファッション、趣味、ゴシップ、セレブ、グルメ、エンターテインメントなど大人女子に向けて情報を発信していく「セカイマ!」。

収録の感想について「こういう番組をやらせていただくということで、ターゲットが30代、40代の女性で。お話を聞いたときに『俺でいいんか?』と。『もうちょっと男前で、女子たちが見る人の方がええんちゃうか?』と思ったんですけど、僕ぐらい不細工な方が世間の皆さんにとってはリアルなんかなと(笑)。

ドラマの男前に憧れている方もいるとは思うんですけど、皆さんの周りにはあんなに男前はいないということで、リアルさを求めての起用やったのかなと思います。ブサイクに生まれて初めて良かったなと思いました」と独特の言い回しであいさつした。

「他のバラエティーとかでは、大阪から東京に来て一旗揚げて、名を売って、新喜劇の広報活動させてもらわなあかんと課題があって、一発当てなという気負いはあるんですけど、きょうに関しては、特にライバルもいないですし、コンセプトも情報を皆さまにお伝えするということなので、エッジの効いたボケをするとか、エッジの効いたかみつきをするとか、喋っていないグラビアアイドルにかみついてみたりということはしなくていいので、本当に家におるような感じでした」とこの日の収録を振り返った。

Dlifeの新番組ということで自身のディズニーとの思い出については「嫁はんと付き合っているときに、ディズニーランドに行きたい言って来たことはあります。嫁はんも僕と同じように冷めた感じであまりテンション上がらないんですよ。でもディズニーランド連れてきたときは、ほんまに目がキラキラしてましたね。『あぁこんなに喜ぶんや』と思って、連れてきて良かったなと思いました」と当時を思い出して心境を明かした。

そんな小藪はInstagramフォロワー数の多さでも知られている。「ひょんなことからフォロワーが増えまして、最初はバンドを広めるためにフォロワーを増やして音楽業界の人が見てくれたらいいなと思って始めたんです。

始めたと言っても何をしたらいいか分からず、ほかの人のInstagram見たらモデルさんとかセレブたちは、やれ自撮り、やれ散髪しているところ、やれ朝食うたもん…なんやそれ!って、何がおもろいか全く分からなかったので、その人らのまねをしていたんです。『僕のコーデだよ』とか、『きょうのネイルだよ』とか、何も塗っていない爪を載せていたんです。

でもやっているうち『おもろいんか、これ? やめようかな』と思ったときにEXILEのNAOTOさんに『あれすごい面白いですね』って。『じゃ続けようか』ってやっていて、またおもろないなと思ったときに中村アンさんに『すごい面白いですね、小藪さんのInstagram。友達みんな言ってます』って。『あぁそうなん?』ってまた続けて。

今度は綾小路翔さんがTwitterで『今宇宙で一番面白いインスタは小藪さんのインスタ』って言ってくれたんです。でそこから覚悟が決まって続けてます。

別にモデルになりたいわけではないですけど、TGC(東京ガールズコレクション)出たいなとか言っていたら、それを見ていた人らが、『おもろいボケかますやんけ』ってなってモデルにさせていただいたり、TGCに出させていただいたりしました。

Instagramこそ皆さんのおかげ、周りに感謝です。僕の努力は何もないというか皆さんのおかげでフォロワーが増えました」と意外なエピソードを披露した。

最後に視聴者に向けて「ぼーっと1週間が終わってこれか始まろうとしている夜って結構憂鬱(ゆううつ)だったりするんですが、あしたから頑張らなあかんなと思うときにぼーっと見るにはちょうどいい番組だなと思います。女子には特に必見の情報なので毎週日曜日の夜これを見て月曜日から頑張る活力、ささやかなサプリになればいいなと思います。よろしくお願いします」とアピールした。

そんな中、NON STYLE井上裕介については「けがをされた方に真摯(しんし)に向き合ってほしいなと思います」と言うにとどめた。