男性が「あ、俺フラれるな」と悟る6つの瞬間

写真拡大

恋人とうまくいっていないときは、相手のひとつひとつの言動が気になってしまうもの。口火を切った瞬間、別れ話をされないか、不安になることもありますよね。では、男性が彼女の言動から別れを察知する瞬間とは? そこで今回は、男性が「あ、俺フラれるな」と悟る瞬間について、本音をぶっちゃけてもらいました。

(1)返信がこない

・「メールしても無視されるようになったとき」(29歳/自動車関連/技術職)

・「メールが1日以上返ってこない。距離を置きたいということだから」(31歳/建設・土木/技術職)

いくらメールやLINEを送ってみても、まったく返信がこなくなると怪しいですよね。それまでマメに返信がきていると、なおさら不安に感じてしまうのではないでしょうか。連絡が取れなくなるのは、別れの初期段階のサインかもしれません。

(2)つまらなそうにしている

・「一緒にいても彼女があまり楽しそうな表情をしてくれないとき。そろそろ終わりかも……と感じる」(27歳/農林・水産/営業職)

・「一緒にいてつまらないとき」(24歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

せっかく一緒にいるというのに、なぜか相手がつまらなそうな表情をしていると、不安に思ってしまうこともあるのでは。もしかして別れを考えているのではと思うと、男性も気になって仕方ないはずです。

(3)連絡がこない

・「彼女からの連絡が少しずつ段階的に減っていったとき」(33歳/その他/事務系専門職)

・「連絡がまったくないとき。連絡してもすぐ終わるとき」(23歳/情報・IT/技術職)

毎日のようにきていた連絡がパッタリなくなると、終わりを感じることもありますよね。連絡の頻度が減ることで、相手の愛情も減ってきているかもしれませんね。いつもは電話をくれていた彼女からの着信がないときは、何か理由がありそうです。

(4)そっけない

・「自分が話していてもそっけない反応しか見せないことが増えたとき」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「急にそっけなくなったり、短文メールがくる」(26歳/医療・福祉/専門職)

2人でいるときはイチャイチャしていたのに、いきなりそっけなくなると、フラれる可能性も高そう。「もうイヤだ」と思っていると、少なからず態度に表れてしまうのでしょう。

(5)話が弾まない

・「話が盛り上がらないとき」(31歳/建設・土木/技術職)

・「一緒にいるときに話が弾まなくなるとき」(25歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

会話がまったく盛り上がらなくなると、相手の気持ちが冷めていることも想像できるもの。自分よりも一緒にいたい人がいるからこそ、話にも身が入らないのではないでしょうか。話を盛り上げるためには、モチベーションも必要になってきますもんね。

(6)携帯ばかり見る

・「彼女の目がスマホばかりに向かっている瞬間。興味を持たれていないのがわかるから」(32歳/情報・IT/技術職)

・「携帯から手を離さない。まともにこっちを見ない。あ、自分に興味がないんだなと感じるから」(30歳/自動車関連/その他)

デートをしているときでも、いつも携帯を手放さなくなると、誰と連絡を取っているか気になるもの。問いただしてみたところで、本当のことを言うとは思えませんものね。

<まとめ>

恋人があからさまに冷たい態度をしてくると、さすがに気づく人も多いのでは。すぐに答えを出すか、または状況を見て判断するかがつらいところかもしれません。フラれる前に別れるという答えもありますからね。もしそんなつもりがないのなら、反応の悪さや冷たい態度を彼に謝るといいかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月29日〜2016年11月30日
調査人数:291人(22〜39歳の男性)