<シリア反体制派の拠点となっていたアレッポ東部を、アサド政権の政府軍がまもなく制圧する見通し。住民の避難が始まる一方、政府軍が住民を殺害していると、国連機関や人道団体が危機を訴えている>(写真:アレッポの住民はあてどのない避難を始めている)

 シリア・アサド政権の政府軍は、反体制派の拠点となっているアレッポ東部をまもなく制圧する見通しで、アレッポからは空爆と戦闘で疲弊しきった住民の避難が始まっている。同時に国連や現地の人道支援団体は、政府軍によって多数の住民が殺害されていると訴え、国際社会の救援を求めている。

 国連は今週13日、政府軍がアレッポ東部の家屋に押し入り、住民を銃殺していると発表した。国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)によると、アレッポ東部の複数の地区で、住民82人がその場で射殺されたという証言があった。犠牲者の内訳は男性58人、女性11人、子供13人とされている。国連人道問題調整事務所(UNOCHA)のヤンス・ラーク報道官は13日のツイッターで、「アレッポでは人道主義が完全に崩壊している」と痛切な言葉で現状を語った。

 国連の潘基文(バン・キムン)事務総長は13日、シリア政府軍の攻撃が最終段階に入り、「多数の民間人に対する残虐行為」が続いているという報告を受けたとして、危機感を表明した。アレッポの複数地区には数千人の市民が残っているという。

【参考記事】戦火のアレッポから届く現代版「アンネの日記」

 赤十字国際委員会(ICRC)は13日、アレッポの戦闘員に対し、民間人犠牲者を出さないよう全力を尽くしてほしいと訴えた。

「ホワイトヘルメット」という呼び方で知られるシリア民間防衛隊と、アレッポで活動するシリア系アメリカ人医療協会(SAMS)も今週声明を出し、アレッポに取り残された人々を救助するよう国際社会に訴えた。シリア政府軍に捕らえられた民間人は殺害される恐れがあるとしている。この声明では、「ここにとどまれば命に危険が及ぶ。女性は収容所に連行され、男性は殺害されるだろう。民間人を助けたことがわかれば、みな拘束されるか処刑されてしまう」としている。

「われわれと関係のある少年や成人男性が、何千人も拘禁されるのを目にしてきた。アレッポではこれまで、無数のホワイトヘルメット従事者、医師、看護師、人道活動家が狙われ、政府軍の非道な攻撃で命を落としている。政府軍は5年にわたってわれわれを殺害しようとしてきた。今ここで彼らにその機会を与えないでほしい」

ジャック・ムーア