ファヨン&シン・ジェハ主演ウェブドラマ「手の痕跡」公式ポスターを公開…危険な恋愛サスペンス

写真拡大

ファヨンとシン・ジェハの恋愛サスペンスドラマ「手の痕跡」がベールを脱いだ。

Shell We Talkは14日、2017年1月にファヨンとシン・ジェハの恋愛サスペンスドラマ「手の痕跡」が公開されると明かした。

「手の痕跡」は2017年のNAVERのウェブドラマ第1弾で、他人のメッセンジャーの会話を覗き見することができる携帯アプリを手に入れて繰り広げられるストーリーを描く。アプリを通じて他人の秘密を覗き見るという奇抜な想像が興味を刺激する。何より2016年活躍した2人の新鋭スターファヨンとシン・ジェハの出会いは人々の注目を集めている。

ファヨンとシン・ジェハは「手の痕跡」シーズン1で甘く殺伐とした共演を披露する。「手の痕跡」シーズン1は、ある男性の危険な片思いを描くキャンパス恋愛サスペンスドラマだ。他人のメッセージを見ることができる携帯アプリと、このアプリを利用して想いを寄せている女性の心を盗むという独特な設定は、恋愛とサスペンスの楽しさを同時に届けるものと期待を集める。

そんな中、14日「手の痕跡」の公式ポスターが公開され、話題を集めている。ポスターの中のファヨンとシン・ジェハの初々しいビジュアルのケミ(ケミストリー、相手との相性) が際立ち、それぞれ別の場所を見ている2人の姿と表情は、ドラマに対する好奇心を刺激している。

まず、ファヨンの日差しのような笑みが視線を引きつける。劇中でファヨンはすべての男性たちのロマンである“工科大学の女神”チャン・ミニョン役で登場する。チャン・ミニョンは甘い恋愛を夢見る平凡な大学生で、自身の日常をSNSに記録することを楽しむ人物だ。ある日突然出会った復学生キム・ホンシク(シン・ジェハ) を不思議に思い、彼に惹かれることになる。

ファヨンに近づく男性、シン・ジェハは携帯だけを見つめており、好奇心をくすぐる。劇中でシン・ジェハは恋愛経験ゼロの復学生キム・ホンシクに扮する。キム・ホンシクはアプリを利用してチャン・ミニョンのメッセージを盗み見し、彼女の心を得るために努力する。ポスターの中のシン・ジェハは、彼の秘密めいて怪しい魅力をアピールしており、ドラマの中の彼の活躍と隠された事情に対する期待を高めている。

制作会社の根の深い木たちは「『手の痕跡』は会話よりモバイルメッセージが交流の中心になっている現代、独特な設定を通じて視聴者に新たな楽しさを与え、交流の意味を考えさせられるドラマだ。ファヨンとシン・ジェハの初々しいケミと彼らが描く甘く殺伐とした恋愛に期待してほしい」と伝えた。

ウェブドラマ「手の痕跡」はNAVERで連載された同名の人気ウェブ漫画を原作とする。KBSドラマスペシャルでデビューしたキム・ミジョン脚本家、韓国コンテンツ振興院の優秀クリエーター発掘支援事業で選抜された新人脚本家チェ・チャンヨル、チョン・ミヒョン脚本家が脚本を手掛けた。現在シーズン1から3の撮影をすべて終えており、来年1月にNAVER tvcastを通じて放送される予定だ。