写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本マクドナルドは12月14日、「超グラコロ」(税込340円)、「超デミチーズグラコロ」(税込370円)を全国の「マクドナルド」店舗で期間限定発売した。23年目で初のリニューアルとなり、"超"がついた今回の「グラコロ」。何が変わったのか、早速確かめてみた。

「超グラコロ」は、ホワイトソースを包んだコロッケとキャベツをサンドしたバーガー。これまでの「グラコロ」から変わった点は、濃厚さを増したたまごソースとスパイス感をアップしたコロッケソース、生クリームとバターの風味でコクのある味わいになったバンズの3点だ。新商品発表会にて、洋食の老舗「たいめいけん」3代目オーナーシェフの茂出木浩司氏は「ソースにアクセントが加わり、グラコロのサクサク感もあいまって"超"最高。違う料理みたいですね」とコメントしていた。

口に近づけると、優しいバターの香りがする。「『グラコロ』ってこんな香ばしかったっけ!?」と先制パンチを食らってしまった。バンズを食べてみると、さっくりとしつつも柔らかく、その変化に驚かされるばかりだ。肝心のコロッケは洋食店のホワイトソースを意識しているせいか、コクのある本格的な味わい。「この味は冬にしか食べられないんだなあ」と早くもセンチメンタルな気持ちにさせられてしまった。

コロッケソースはスパイシーで味が濃く、ホワイトソースの甘さとまろやかさを引き立てている。一方のたまごソースはホワイトソースと混ざりあい、コロッケと一緒に卵黄の風味を感じられて上品。コクとスパイシーさ、どちらも印象に残る味わいだ。

続いては、「超デミチーズグラコロ」も食べてみよう。こちらは、コロッケソースをデミグラスソースに変更し、チェダーチーズをサンドしている。

こちらのバンズも新しくリニューアルされたものを使用。ひと口食べると、デミグラスソースとホワイトソースが混ざり合うのを感じる。この2つを同時に味わえるのは新鮮さがこの商品の醍醐味だろう。チェダーチーズによって味に深みが加わっているのもうれしいところ。

新しくなった「グラコロ」「超デミチーズグラコロ」はとにかく香ばしく、ちょっと上品な味に変わったのではないか。ソースのコクやバンズの香り、どれも進化していると感じられた。気になる人は、どこが"超"に変わったかを意識しながら食べてみてほしい。

(福田啄也)