14日、韓国メディアによると、13日に韓国・蔚山にある予備軍訓練場で発生した爆発事故は、大隊長の指示により捨てられた爆音筒の火薬を兵士たちが踏んだ、もしくは静電気が原因だったことが分かった。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は韓国。

写真拡大

2016年12月14日、韓国・聯合ニュースによると、13日に韓国南東部、蔚山にある韓国陸軍の予備軍訓練場で発生した大規模な爆発事故は、大隊長の指示により捨てられた爆音筒の火薬を兵士たちが踏んだ、もしくは静電気が原因だったことが分かった。

韓国軍部隊は14日、蔚山市庁で会見を開き、「小隊長らは1日、大隊長の指示に従い、部隊に残っていた訓練用爆薬筒1600個の火薬を1個当たり3グラムに分けて予備軍訓練場に捨てた」と明らかにした。軍部隊は「その事実を知らなかった兵士らが、フェンス工事を終え昼食を取りに食堂に移動する途中に火薬を踏んだか、もしくは静電気や引火性物質によって爆発した」と説明した。

軍部隊は大隊長と同部隊の戦時作戦課長、小隊長らを対象に、詳しい経緯を調査している。また、爆音筒の処理に関し、訓練日誌には虚偽の事実が記載されていたことが確認された。そのため、これまでにも爆音筒などの訓練用火薬と実弾が、実際は日誌に書かれたものとは違う方法で廃棄されていたとの疑惑が浮上している。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「大隊長は兵士ではなく、自分の進級の心配をしているのだろう」
「大隊長は今ごろ、『他の部隊も同じことをしているのに、なぜ俺だけがこんな目に遭う?』と愚痴をこぼしているのだろう」

「僕も兵役中、残った弾丸を使い切るために3日間も銃を撃ち続けた。韓国の軍隊は本当におかしい人ばかり!」
「残りの火薬を大統領府の床に敷き詰めてほしい」

「韓国の軍隊は虚偽の記載だらけだよ」
「無能な指揮官は敵よりも恐ろしい」

「また人災?一体いつになったら韓国は正常な国になるの?」
「兵役を終えた韓国人男性は軍隊を信じない。いや、信じないのではく信じられない」(翻訳・編集/堂本)