写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●3Dプリント義手、泳ぐペンギンロボット
12月14日から16日にかけて東京ビッグサイトにて開催されているエレクトロニクス製造サプライチェーン総合展示会「SEMICON Japan 2016」。その一角に技術系・ものづくり系スタートアップが集合する展示スペース「INNOVATION VILLAGE」が設けられている。本稿では、IoT機器を手がけるスタートアップの展示内容をお届けする。

○犬の気持ちを光で見せるデバイス

愛犬の気持ちがわかるデバイスとして話題になった「INUPATHY(イヌパシー)」が出展。Web上で公開されているものとは異なるデザインのデバイスの展示を行っていた。

「犬の気持ち」の測定は、犬の腹部側に取り付けられている心拍センサーで行い、そこから得られた心拍データを解析し「ドキドキ/リラックス」「集中」などの状態変化に応じてLEDの明滅パターンが変化する。

イヌパシー CEOの山口讓二氏が開発に当たって苦心したのは、日常使いできる心拍センサーの開発だった。獣医師などが使う既存の心拍センサーは、犬の皮膚をクリップで挟み込むなどしなくてはならず、常に犬に装着させるのは難しい。犬の毛がセンサーの動作を阻害してしまうことはあったが、毛を剃らなくても使えるよう、既存の方式を活用しながら独自に開発を進めた。

現在は最終デザインの検討段階で、その後量産に入る見込み。生産を依頼する工場のめども立っているという。

○3Dプリント義手を広く届けるために

NPO法人「ミッションアームジャパン」の展示では、国内外で受賞例多数のオープンソース筋電義手「HACKberry」を展示。元exiiiCEOで、現在ミッションアームジャパンに所属する近藤玄大氏が展示解説を担当していた。

「HACKberry」の今後について、たとえばモーターひとつ取っても、現在は価格や機能の兼ね合いからやや稼働音が大きいものを搭載しているが、価格が上がってでも静音性の良さを求めるユーザーのニーズにも応えたいと語る近藤氏。言うなれば、単一のベーシックモデルだけでなくプレミアムモデルまで、選択の幅を広げたい考えだ。

また、本体だけでなく、「HACKberry」に使用されているパーツの展示も行っている。「(全体的に小型化を目指していきたい」ということで、SEMICONに出展する技術力あるメーカーとの出会いを期待していると話していた。

○泳ぐペンギンロボット

ペンギン型水中ロボット「もるペン」の実演をし、注目を集めていた「TRYBOTS」。代表の近藤那央氏が高校時代から継続しているプロジェクトで、今回展示していたのは7代目。改良を重ねて信頼性が上がり、展示に耐えうるようになったそうだ。

研究・調査用の水中探査ロボットの堅いイメージとは異なるビジュアルで、エンターテインメント要素を持った製品として開発されている。遊泳の実演だけでなく、「もるペン」の視点を体験するVRコンテンツにも対応、これまでにも浜松科学館などでイベント展示を実施してきた。今後の課題として、旋回時に小回りが効くように調整を進めていきたいと話していた。

●プログラム知識なしで使えるIoT管理ツール
○プログラム知識なしでIoTデバイスを管理

「CANDY LINE」は、IoT関連製品の企画・開発を行う企業。IoTデバイスの管理を非技術職でも可能にするフローエディター「CANDY EGG」および「CANDY RED」によって、IoTの学習・連携に必要なプログラミングを簡便化する。

管理エディタに加えて「Raspberry Pi」用LTEボード「LTEPi forD」と無線通信規格「EnOcean」対応のセンサやスイッチをあわせて提供。ワンストップでドアの開閉やスイッチのオン・オフによって部屋の使用状況などを可視化・管理することを可能としている。

○"奉仕型"モニタリングシステム

「ArtifactNoise.LLP」は、温度や湿度などセンサで計測した情報をメイドや執事といったキャラクターが通知するUIを採用した「奉仕型情報サービス」を展示。代表発明家の北神雄大氏によれば、計測情報の可視化はグラフ化やSNS経由での通知といった見せ方がされていた中、他社との差別化も含めこのかたちに落ち着いたという。

UIは開発段階で、2017年から営業活動を開始する予定。職場、工場での利用を想定してアプローチをかけていく。展示には3G回線が使われており、高スペック回線の用意が難しい環境でも十分稼働することをアピールしていた。

○IoTへの入り口を用意

IoTのWebセレクトショップ運営・イベントオーガナイズなどを手がける「dotstudio,inc.」は、自社開発の着るシンセサイザーを展示していた。ツール開発やパーツの販売を手がける一方で、海外メーカーの日本進出のコンサルティングも手がけている。

同社CEOの菅原のびすけ氏は、活動の軸として「IoTへ興味を持った人へのきっかけづくり」を挙げた。初心者がデバイス開発を行おうとした際に障壁となるパーツ選び、情報収集などをカバーすべく、イベント開発やキットの販売を行っている。

新進気鋭のIoTスタートアップが集う「INNOVATION VILLAGE」。このほかにも多数の出展があったので、興味を持った人は足を運んでみてほしい。

(杉浦志保)