12月14日の東京株式市場で日経平均株価は小幅続伸、前日比3円09銭高の1万9253円61銭で取引を終えました。今後の展開はどうでしょうか。

 12月14日の東京株式市場で日経平均株価は小幅続伸、前日比3円09銭高の1万9253円61銭で取引を終えました。

 今後の展開はどうでしょうか。

 マネースクウェア・ジャパンの八代和也アナリストは、米連邦公開市場委員会(FOMC)が日本時間15日午前4時に発表する政策金利に注目。市場では0.25%の利上げが決定され、政策金利が0.50〜0.75%になるとの見方が優勢で、関心は来年の利上げペースに移っているといいます。

 その手がかりとしては、FOMC参加者の経済・政策金利見通しやイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の会見が挙げられるそう。市場の金融政策見通しを反映するフェデラルファンド(FF)金利先物を参考にすると、市場では「来年2回」との見方が有力だそうです(利上げ幅は1回0.25%と仮定)。

 八代さんは「イエレン議長会見などの内容次第では、米株式市場や外国為替市場が上下双方向に大きく動く可能性も。その場合、あす15日の日経平均に影響を与えるかもしれません」と話しています。

(オトナンサー編集部)