写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大日本印刷(DNP)は12月14日、スマートフォンなどに搭載されている点光源のLEDを照射すると、表面に文字や絵などが浮かび上がり、真贋判定できる新しいタイプのホログラム製品「DNPホログラム LED判定」を開発し、同月中に販売を開始すると発表した。

同製品はホログラムに微細な凹凸形状を施しており、この凹凸形状にLEDの点光源の光を当てると、文字や絵柄が浮かび上がる構造となっている。ハンディタイプLEDやスマートフォンなどに標準搭載されているLEDを使って真贋判定ができるため、顕微鏡や特殊フィルムなど、特別なツールの普及にかかる労力やコストを省くことができる。

また、ホログラムの真贋判定の状況をスマートフォンなどのカメラで撮影し、それをメールで送付することで、遠隔地にいる関係者間でも情報共有できるほか、従来の工程を変えずに新タイプのホログラムを製造できるため、従来から大きくコストを上げることなく導入可能だ。さらに、マイクロ文字など従来からあるホログラムのセキュリティ要素と組み合わせることで、セキュリティレベルの向上も見込めるという。

同社は模造品や海賊版対策としてホログラムを利用している自動車部品や工業部品、医薬品や化粧品のメーカーなどに同製品を販売し、2017年度に3億円の売上を目指すとしている。

(神山翔)