新曲でコラボしたテイラー・スウィフトとゼイン・マリク instagramより

写真拡大

歌手のゼイン・マリクが、歌手のテイラー・スウィフトとのコラボについて語った。

ゼインは現地時間8日にテイラーとの新曲「I Don’t Wanna Live Forever」を リリース。この曲は映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(15)の続編『フィフティ・シェイズ・オブ・ダーカー』(2017年2月10日全米公開)のサウンドトラックで、ファンはサプライズコラボに大興奮であった。

そんなゼインは現地時間13日にラジオ番組「The Elvis Duran and The Morning Show」に出演し、テイラーとのコラボについて、「このアイデアを彼女に出した時、僕たちは別の場所にいたね。僕は彼女と電話で話して、彼女はこの曲のことを聞いたことがあったよ。(プロデューサーの)ジャックが彼女に曲をかけたことがあったからね。だから、彼女はすごく気に入っていたんだ。彼女は次の日にスタジオに行ったんだよ」と話した。

さらにゼインはテイラーにコラボの話をするのはナーバスだったかと聞かれると、「おもしろいことに、彼女は(恋人)ジジと友達で、すでに連絡を取っていたんだ。だって、ジャックが彼女にその曲をすでに流していたからね」「彼女はその曲がすごく好きだって言ってくれてたから、頭の中で彼女が気に入ってくれるってわかっていたよ。彼女に一緒にやりたくないかって聞いたら、彼女は乗り気だったんだ」と語っている。

ゼインの恋人でモデルのジジ・ハディッドはテイラーの親友。今年9月にテイラーとゼインとジジが、ジジのアパートから一緒に出てくるところを目撃されていた。