今年の人気検索ワード、1位は「ポケモン」=グーグル台湾

写真拡大

(台北 14日 中央社)台湾で今年最も検索されたキーワードは、ゲームアプリが一世を風靡した「ポケモン」(宝可夢)。そんな結果がグーグル台湾が14日発表したランキングで分かった。

2位は「リオデジャネイロ五輪」(里約奥運)、3位は「米大統領選挙」(美国大選)。韓国ドラマ「太陽の末裔」(太陽的後裔)は4位、台湾東部を中心に大きな被害をもたらした「台風」は5位だった。

6位は「アイフォーン7」。7位には大ヒットを記録した映画「君の名は。」([イ尓]的名字。)がランクインしている。8位以下は韓国映画「釜山行き」(屍速列車)、台湾と中国大陸の合作ドラマ「終極一班4」、中国大陸のドラマ「宮廷女官 若曦」(歩歩驚心)が続いた。

グーグルは、政治やスポーツなど国際的な出来事が多くの台湾人をひきつけたほか、映画やドラマなどのコンテンツが生活に欠かせない要素になっていることを裏付けたとしている。

(呉家豪/編集:齊藤啓介)