<弾劾訴追案が可決された韓国・朴槿恵大統領の支持率は、なんと4%にまで低下。実はフランスのオランド大統領も、数々の暴言が暴露されて支持率は同レベルにまで低下している>(写真:暴言が暴露され人気がガタ落ちのオランド大統領)

 弾劾訴追案が可決した韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領。親友の崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入疑惑に端を発して、結局は任期をまっとうすることなく大統領の座から退くことになった。

 そんな朴大統領の支持率は、朝鮮日報などによると4%にまで低下していた。この支持率は、韓国史上最低の記録を更新するもので、国民100人のうち4人しか大統領を支持していないことになる。

 普通に考えれば、支持率4%ともなれば、もはや風前の灯火だろう。世界的に見てもここまで不人気なリーダーはいないと思いきや、実はヨーロッパにいた。フランスのオランド大統領だ。

【参考記事】トランプが煽った米ロ・サイバー戦争の行方

フランス史上最低の支持率

 仏ル・モンド紙は今年10月、オランドの支持率が4%にまで落ち込んだという衝撃の調査結果を発表。もともと支持率はこのところ低かったオランドだが、さすがに4%ともなると、欧州各国のメディアも驚きをもって報じた。この数字は、今年10月14〜19日にかけて1万7000人を対象に行われた世論調査の結果で、回答者のたった3%がオランドを支持すると答え、1%がオランドの仕事ぶりに大変満足していると答えた。

 この4%という数字は、1848年にフランスで初めて大統領が誕生して以来、史上最低の記録だという。

 なぜここまで嫌われているのか。社会主義者のオランドは、富の再分配や公共サービス再建などを訴えて大統領に当選した。だがいっこうに経済の立て直しは進まず、10%ほどの失業率も改善しない。インフレも改善していないし、貧困層への対策もイマイチだ。

 また、結婚はせずにパートナーをもつポリシーのオランドは、女優との逢い引き(不倫?)が報じられたり、派手な公費の散財が報じられたりもした。

山田敏弘(ジャーナリスト)