写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンクロボティクスは、M-SOLUTIONS、アスラテックの協力のもと、空港の案内ロボットとしてPepperを活用する実証実験を、2017年1月中旬より羽田空港で実施すると発表した。

今回の実証実験は「Haneda Robotics Lab」が推進する「羽田空港ロボット実験プロジェクト 2016」の第1期採択事業として行うもの。

「Haneda Robotics Lab」は、羽田空港を管理・運営する日本空港ビルデングがオール羽田の取組として設置した、ロボットの技術検証を目的に、羽田空港でロボット製品(プロトタイプ含む)の実験導入を行う「羽田空港ロボット実験プロジェクト 2016」の推進組織。

「羽田空港ロボット実験プロジェクト 2016」は、羽田空港へのロボットの導入をより加速させていくため、「清掃ロボット」「移動支援ロボット」「案内ロボット」のテーマに沿ったロボットの技術を募集し、実証実験を行う。

実証実験では、Pepperを羽田空港に設置し、M-SOLUTIONSの「Smart at robo for Pepper」を利用して、空港の施設やフライト情報などを日本語、英語、中国語で案内する。人を感知するセンサーとPepperを連携させるM-SOLUTIONSのソリューションを活用することで、人の動きに合わせたコミュニケーションができ、Pepperだけでは人を感知できない距離でも、声をかけることができるようになるという。

また、アスラテックが提供するロボット遠隔操作システム「VRcon for Pepper(ブイアールコン・フォー・ペッパー)」を活用することで、オペレーターが遠隔でPepperを操作して案内を行える。