今夜は「FNS歌謡祭2016・第二夜」
先週の第一夜、長渕剛先生の大説教「歌を安売りするな!」直後の歌謡祭にあるまじ不穏なエンディングのなか(第一夜レビュー)、空気を読まず突如発表された「ピコ太郎がアイドル100人と史上最大のPPAP」という、長渕に叱られそうな危険な案件ももちろん気になるが、それよりも、注目したいのは山本耕史である。


なぜ山本耕史なのか


今夜の目玉といっていいのが、BOφWY好きのBOφWY好きによるBOφWYリスペクトバンド企画。
番組予告によると、HISASHI(GLAY)、TSTSU(ラルク)など「系譜」の見えるメンバーから、綾小路翔(氣志團)、西川貴教(T.M.Revolution)、DAIGO(結婚おめでとう)など、「っぽい」メンバーに加えて、ドラムには高橋まこと(本物)を迎えるという鉄壁の布陣である。

そこになぜ山本耕史なのか?

音楽活動はしているもののミュージシャンでもなければ、特にメンバーと交友があるというわけでもない。もちろんサングラスをはずした高橋まことの正体でも無い。
一般に知られる山本耕史は、舞台でも地肩の強さを見せる優れた役者であると同時に、「堀北の旦那」「手紙凄い人」「新幹線どれか当てた人」という「執念の人」だ。

だが、山本耕史にはまだ顔がある。一部には知られつつあるが、BOφWYのずぶずぶの大ファンなのだ。
しかも、相当なギターの腕前で、中学高校と、芝居の傍らコピーバンドに明け暮れた、芸能界でも屈指の、BOφWY好きを語るに欠かせない人物と言っていいだろう。

その片鱗は、いくつかの番組で披露されている。とくに印象に残るのが、SMAP中居正広の「うもれびと」(2012年7月11日 フジテレビ系列)にゲスト出演した時。あの時のBOφWY愛に満ちたパフォーマンスを観て、ファンの域を超えていると確信した。

山本のモノマネに叫ぶ中居


振り返ってみる。

山本耕史は、友人のモノマネ芸人、ペレ草田の後見人的立場で現れ、中居に「ペレ草田」得意の布袋寅泰ネタを紹介した。

山本によれば、草田とは、飲み屋で偶然BOφWYの話で意気投合し、友人になり、それ以来、しょっちゅう飲み歩き、カラオケなどでBOφWYを熱唱しているという。正直、有名役者と無名芸人がつるんでいるのがピンとこなかったのだが、仕事を超えた付き合いという意味では、哀川翔と花香よしあきの関係のようなものだ(調べてください)。

「山本くんも何かできないの?」

中居の軽いフリに対し、山本は、照れたり嫌がったりするでもなく、布袋柄(例のあみだくじみないなやつ)ギターを手にしたかと思うと、呼吸をするかのごとく「BAD FEELING」のリフを切り裂くように奏でだした。

あ。この人すごい。

「そもそもこっちを見せてやれば、手紙を40通送るプロポーズよりも効果的だったのでは?」
と思わせるほどのイカした弾きっぷりだ。
さきほどまでの「演芸」の空気が「GIGS」の空気になっている。

そして、山本の「マリオネット」の完コピギターに、ペレ草田が布袋の動きとコーラスだけのモノマネでセッションするのだが、正直、草田の方にまったく目がいかない。決して草田のモノマネがつまらないのではないし、ツボも押さえてて面白い。しかし、山本の仕上がりが遥かに「本物」すぎるのだ。

さらには、ギターを奏でつつ、まんま氷室京介の声で当たり前のように歌い出したのだ!

「うまーーい!?」「すごい!」「耕史くん!すっげえ似てるよ!」「耕史くんのクオリティにびっくりしてるんだけども!!」
動揺と興奮。叫ぶ中居。それに喜ぶでもなく、

「これギター弾いてなければもうちょい(歌)できるんですけど」
と、こだわりを見せるCOZY山本。まさに「マリオネット」状態の草田。続けて、

「たまに逆もやったりするんですよ」
とギターを弾きながら、声音を変えて布袋のコーラスも当たり前のようにやってのける。それも、芸人顔負けの腹の立つほど気持ちいい誇張を混じえて。

つまり山本は、氷室の歌、布袋のギター、布袋のコーラス、さらには「今夜はお前らが主役だぜ!」という氷室のMCまでをも、たった一人でやってのける傑物なのだ。

真希に「マキロン」でも見せとけば


この番組では、BOφWY関連以外でもいくつか物真似を披露していて、そのラインナップは、

玉置浩二
TUBE前田
桑田佳祐

など。全て中居が目を丸くして絶賛している。さらに他番組では、

武田鉄矢
フリーザ(ドラゴンボール)

というド定番から

「真田丸」で共演中の堺雅人「治部さまっ!」(自分の役に呼びかける声真似)
携帯の写メールの音
窓の隙間風の音
無くなりかけのマキロンの音

など、江戸家猫八はだしの声帯模写までをも高クオリティでこなし、全てが確実に面白いのだ。
「真田丸」で堺雅人の信繁が呼びかける「治部さま!」

つべこべ40通も手紙書かずとも、真希に「マキロン」でも見せとけば、さっさとくどき落とせたろうに!と思ってしまう。
しかも、手品もできるし、イラストも上手いという。とにかく実に多才で凝り性だ。

果たして布袋のサプライズは?


さて、そんな芸達者な「BOφWY者」山本耕史が参加する、BOφWYリスペクト企画・IN・FNS歌謡祭・第二夜。
果たして山本はわれわれにどんなBOφWYを魅せてくれるのか? 果たして布袋や松井のサプライズ登場はあるのか? そして、ペレ草田のサプライズ登場は? 今晩必見のONE NIGHT「GIGS」である。

ちなみに山本耕史が、男性の心を掴むのによく歌う歌は玉置浩二の「メロディ」、女性を落とすときに歌う鉄板ソングは玉置浩二の「コール」だそうだ。さすがCOZY。
(アライユキコ)