山田孝之

写真拡大 (全2枚)

(台北 14日 中央社)俳優の山田孝之が13日、主演映画「闇金ウシジマくん Part3」のPRのため台湾を初めて訪問し、台北市内で記者会見を開いた。山田は風邪のため体調が万全ではなかったものの、会見では、用意されたショーロンポー(小籠包)に舌鼓を打ち、美味しさを絶賛した。

同作で、違法な高金利で金を貸す金融屋の社長を演じている山田。実際の生活で金に困った経験があるか聞かれると、若くして芸能界入りし、金の使い方や税金を納めることを知らず、税金を払う際に金がないと気付いたというエピソードを明かした。

また、作品中に多く登場する食事シーンの撮影は通常、1日で撮り終えるため大変だったと話した。甘いものは好きではなく、甘いものを食べるシーンの撮影時には監督からのカットの声がかかるとすぐに吐き出していたという。

会見にはショーロンポーのほか、台湾風から揚げなども用意された。から揚げを食べた山田は「日本のと同じです」と話し、会場を笑わせた。

同作は16日に台湾で公開される。

(呉ワンテイ/編集:名切千絵)