パク・ミョンス側「ランニングマン」への合流について否定“出演オファーも論議も全くない”

写真拡大

タレントのパク・ミョンスとSBSの両者が、パク・ミョンスの「日曜日は楽しい−ランニングマン」への合流を否定した。

パク・ミョンス側の関係者は本日(14日) 午前、マイデイリーとの電話インタビューで「パク・ミョンスが『ランニングマン』に合流するということは事実でない」として、「出演オファーもなかったし、論議も全くなかった」と明らかにした。

SBS側の関係者もやはりこの日、マイデイリーに「パク・ミョンスが『ランニングマン』に合流するという報道は全く事実ではない。パク・ミョンスとは全く議論もなかった状況」としながら強く否定した。

この日「ランニングマン」は、Leessangのケリに続き、キム・ジョングク、ソン・ジヒョが降板するというニュースが伝えられた。これと共にカン・ホドンに新メンバーとしての合流オファーを出し、カン・ホドン側は出演検討中だという立場を伝えた。