ハーレイ・クイン役マーゴット・ロビーが共演する相手は?
 - Warner Bros. / Photofest / ゲッティイメージス

写真拡大

 DCコミックスの女性悪役が集結する映画『ゴッサム・シティ・サイレンズ(原題) / Gotham City Sirens』が制作されることが明らかになった。『スーサイド・スクワッド』のデヴィッド・エアー監督がメガホンを取り、マーゴット・ロビーがハーレイ・クインを再演する。The Hollywood Reporter が報じた。

 これまでにもハーレイをメインに据えた新作映画が進行していると報じられてきたが、それが『ゴッサム・シティ・サイレンズ(原題)』になったよう。同名コミックを基に、ハーレイ、キャットウーマン、ポイズン・アイビーら人気の女性ヴィランが登場する予定だ。現在、脚本を執筆しているのは、リメイク版『トゥームレイダー』やロバート・ダウニー・Jr主演の『シャーロック・ホームズ』シリーズ第3弾も手掛けている女性脚本家ジェニーヴァ・ロバートソン・ドゥオレット。

 『スーサイド・スクワッド』は短期間での脚本執筆から始まる混乱した製作プロセスが伝えられ、批評家の反応も思わしくなかったが、公開されてみれば世界興行収入7億4,560万54ドル(約820億1,600万5,940円)を稼ぎ出すヒットに。その結果を受けてワーナー・ブラザースは、再びエアー監督に舵取りを任せることにしたようだ。エアー監督はプロデューサー、マーゴットはエグゼクティブプロデューサーも兼任する。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

 ワーナーは『スーサイド・スクワッド』の続編やウィル・スミス演じたデッドショットのスピンオフも企画しているが、『ゴッサム・シティ・サイレンズ(原題)』を最優先に進めていくという。(編集部・市川遥)