キム・ジョングク&ソン・ジヒョ「ランニングマン」降板決定…カン・ホドンの合流を検討中

写真拡大 (全2枚)

SBS「日曜日は楽しい−ランニングマン」が大々的な変化を図る。

「ランニングマン」はLeessangのケリが音楽活動に集中するため、7年で降板することになった。これにユ・ジェソク、チ・ソクジン、キム・ジョングク、ハハ、ソン・ジヒョ、イ・グァンスが「ランニングマン」を引っ張ってきた。

しかしケリに続き、キム・ジョングクとソン・ジヒョも降板することを決定した。キム・ジョングクの所属事務所であるMARU企画の関係者は14日の午前、マイデイリーとの電話取材で「キム・ジョングクが『ランニングマン』から降板することにした。まだ明確な時期は未定だ」と伝えた。

ソン・ジヒョの所属事務所であるMY COMPANYの関係者もこの日、マイデイリーに「ソン・ジヒョが『ランニングマン』から降板する。女優活動とバラエティ出演を並行することは無理だと判断し、制作陣と長期間話し合ってきた」と話した。

続いて「『ランニングマン』から降板した後、女優活動にさらに集中する計画だ。降板時期は調整中だ。SBSの改編に合わせて決定されるだろう」と説明した。

一方、新しいメンバーとしてカン・ホドンがあげられている。カン・ホドンの所属事務所であるSM C&Cの関係者はこの日「カン・ホドンが『ランニングマン』の出演オファーを受けて慎重に検討している」と公式立場を伝えた。

SBSの改編に合わせて「ランニングマン」も大々的に改編を行う。これを通じて低い視聴率を回復し、再び人気バラエティ番組になれるのかに関心が集められている。「ランニングマン」は韓国で毎週日曜日の午後6時30分に放送されている。