Red Velvet&NCT、SMの末っ子ラインが初コラボ番組を配信!最初はぎこちない様子も…(動画あり)

写真拡大

Red VelvetとNCTが、SMエンターテインメントの末っ子ラインとして初めて共に放送し、少しぎこちない様子だったが爽やかなコラボを披露した。

Red VelvetとNCTは13日午後、NAVERのライブ映像配信アプリ「V」を通じて「VICTORY ep.1 チョンダムダービー・ビギンズ #Red Velvet #NCT #Coming Soon」を放送した。

この日両グループは様々なコーナーを介して、一生懸命に活動した2016年を振り返る時間を設けた。

Red VelvetとNCTは共に新人で初めて一緒に出演する放送だったため、最初は少しぎこちない空気が流れていたが、時間が経つにつれ自然に話し、いたずらしながらリラックスした雰囲気を作った。

最初のコーナーは「2016 SM BABY AWARDS」で、Red VelvetとNCTのメンバーを対象にした授賞式が行われた。最初は冗談のように思っていたメンバーらも、そのうち真剣に受賞の感想を述べたり、他の賞も欲しがる姿を見せ、笑いを誘った。特に優れたダンスを披露したメンバーに与える「リズムに身を任せて」賞はRed VelvetのウェンディとNCTのドヨン、テンなど多数のメンバーが欲しがり、激しいダンスで本人たちのダンスの実力をアピールし、爆笑を誘った。

2番目は、ハッシュタグキーワードで2つのグループの1年間の活動を振り返ってみるコーナーだった。Red Velvetはフンドベルベット(ハイテンションRed Velvet)、デデンキュ(サンキューベリーマッチ)、ケガン(開講) ベルベットなどのハッシュタグを、NCTはグループ名プジャ(金持ち)、NCT Life、NCTの意味、NCT新人賞などのキーワードを紹介した。続けてそれぞれメンバーのハッシュタグのキーワードを通じて、2つのグループがお互いについて知っていく時間も設けた。

今回の放送でさらに仲良くなり、お互いについてたくさん知ることになった2つのグループが、次の放送ではより一層近くなった姿を見せてくれるか、今後がさらに期待される。