ローラ&イ・ジュンギらが六本木に集結!映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」超豪華ワールドプレミアが開催

写真拡大 (全6枚)

12月23日(金・祝)、究極アクション超大作シリーズ第6弾で最終作となる「バイオハザード:ザ・ファイナル」が日本で世界最速公開。13日午後、ワールドプレミアが六本木で開催され、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ローラ、ポール・W・S・アンダーソン監督、アリ・ラーター、ウィリアム・レヴィ、オーエン・マッケン、エヴァ・アンダーソン、そして韓国俳優からは同映画にカメオ出演したイ・ジュンギが出席し、日本ファンに熱い歓迎を受けた。

ミラ・ジョヴォヴィッチの「こんにちは、ジャパン!」という呼びかけで中央から登場した8人は、会場を埋め尽くした日本ファンの大歓声で迎えられた。8人はレッドカーペッドで多数のマスコミの取材を受け、また日本のファンとのコミュニケーションを楽しんだ。イ・ジュンギに対してもレッドカーペットでは何度も「ジュンギ〜!」と大きなジュンギコールがかかり、ファンの携帯電話で「いち、に、さん」と笑顔でセルフショットやツーショットを撮る様子が見られた。日本メディアのインタビューにも日本語と韓国語を交えて対応、その様子が会場の大きなスクリーンに映されると、ファンから大きな歓声があがった。

ファンとのコミュニケーションを楽しんだ出演陣は再びメインステージへ。日本のファンへメッセージを伝えた。主演のミラ・ジョヴォヴィッチは「またこうして日本に来ることができました。バイオハザードが生まれた日本で最初に作品を観ていただけるということで、私たちもとてもドキドキしています。今日は来てくれてありがとうございます!」と喜びを伝えた。

また今回が映画初出演でハリウッドデビューとなったローラは「この映画に出演できて本当にうれしいですし、台本も素晴らしかったです。最終章なので迫力もすごいです。本当にハラハラ、ドキドキする映画になっていると思う! 最高に楽しい撮影だった! ぜひ見てね〜!」と笑顔を見せた。ローラの演技についてはミラ・ジョヴォヴィッチも「彼女と会った時、ファッションや美、ラーメンの話をしていて、彼女がどう戦士になるのかなと思っていましたが、衣装を見につけ、大きな銃を持つと彼女は激しいクレイジーな戦士に変わりました。それを見て本当に女優として素晴らしいと思いました」と絶賛。ミラ・ジョヴォヴィッチとオッケーポーズを見せる一幕もあった。

同映画で司令官チュウ役を演じたイ・ジュンギは「こんにちは皆さん! 日本のファンの皆さん、お久しぶりですね、イ・ジュンギです」と日本語で挨拶。そして「この場にいることができてとても光栄です。この作品のファンなので、ご一緒できてうれしかったです。カメオ出演ということでしたが、僕の出演が少しでもこの映画のためになればという気持ちでした。ワクワクし、うれしくて興奮しました。皆さんも映画を大いに楽しんでください」と伝えた。そして最後に再び日本語で「ありがとうございます!めっちゃ好きやねん!」と話してファンを喜ばせた。イ・ジュンギはファンに向かって投げキッスをおくり、手でハートマークを作ったり歓声にうなずくなど、終始ファンサービスを忘れなかった。

最後にポール・W・S・アンダーソン監督は「シリーズの最終章ということで、最高の作品を皆さんに届けないとというプレッシャーは感じていましたが、キャストがそれに応えてくれました。皆さんがびっくりするような結末が待っていると思うので、ぜひ堪能していただきたいです」と伝えた。

最後はミラ・ジョヴォヴィッチの「バイオハザード!」の呼びかけに全員で「ザ・ファイナル!」と声を合わせ、ワールドプレミアは幕を閉じた。「バイオハザード:ザ・ファイナル」は12月23日(金・祝) に日本で世界最速公開、また韓国では2017年2月に公開される予定だ。

■作品情報
「バイオハザード:ザ・ファイナル」(原題:Resident Evil: The Final Chapter)
配給:ソニー・ピクチャーズ
日本公開:12月23日(金・祝)世界最速公開
全米公開:2017年1月27日
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、ウィリアム・レヴィ、ルビー・ローズ、ローラ、イ・ジュンギ

■関連サイト
公式ホームページ:http://www.biohazard6.jp/