トップモデルのジジ・ハディッドが甲状腺疾患であることを明かした/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ヴィクトリアズ・シークレットのファッションショーに出るプレッシャーとダイエットによる激ヤセを伝えられていたジジ・ハディッドが、噂を全面否定するとともに、病気であることを激白し、炎上する騒ぎになっている。

【写真を見る】全員モデルの華麗なるハディッド家/写真:SPLASH/アフロ

インターナショナル・モデル・オブ・ザ・イヤーを受賞し、早くもトップモデルの座に輝いたものの、あまりの激ヤセぶりに一部メディアが、「ヴィクトリアズ・シークレットのファッションショーのために、強制的に体重を落とさざるを得なかった」と報じた。

それについてジジが、「甲状腺疾患で、2年間治療を受けているの。そのせいで今年は代謝が劇的に変わってしまって、痩せちゃったのよ。ヴィクトリアズ・シークレットのショーまで、体重を落としたくなかったのに」と、エル誌のインタビューで語り、ダイエット説を否定している。

妹ベラ・ハディッドがナイキの広告にでた際、「痩せすぎてアスリートとはいえない」と炎上したが、デイリー・メール紙には、ジジがクロップトップとレギンスで、リーボックのイベントに参加している様子が掲載されており、その痩せ方は尋常ではない。

同紙によればジジは甲状腺機能低下症を伴う橋本病を患っているそうだが、米国甲状腺学会によれば、「橋本病は中年女性に多い病気ですが、もちろん若い女性でも男性でも患う可能性はあります。主な症状としては、寒気やうつ、また代謝機能の低下により、体重が増えることなどがあります。治療は長期にわたりますが、うまくいけば、さほど体重が落ちることはない」という。

病気となれば、本来なら同情の声が多く寄せられそうだが、ネットユーザーたちからは、「痩せすぎで魅力的じゃないけど、病気なら仕方ないのかな」「私も橋本病を患っているけれど、症状は人それぞれ」という声よりも、「モデルだった母親ヨランダは、『モデルは太っちゃダメ。体型を保つには、食べたらダメ』って言ってたけどウソだったの?」「お母さん、妹ベラ、弟アンウォーはライム病を患ってるんだよね。家族全員病気にかかっているって驚き」

「嘘ばっかり。代謝が悪くなるのになんで痩せるわけ?」「私も橋本病だけど、治療を受けていれば激ヤセすることはないけど」「ベラはライム病、ジジは橋本病で2人とも急に激ヤセしたんだ?」「1日6時間運動して、カロリーを抑えている人が『痩せたくない』って、どの口が言うの?」と、ジジを嘘つき呼ばわりして非難する声が多数寄せられている。【NY在住/JUNKO】